マインクラフトてんやわんや開拓記

箱庭ゲームのマインクラフトMinecraft)のてんわやんわな日常生活や、街や開発や建築、探検などの日記を中心に、攻略やチップ、テクニックなんかも紹介しています。

2019年8月18日
http://マイクラ.com からの本サイトへの転送を、9月末日を持ちまして終了させて頂きます。
同ドメインでブックマーク等なさっている場合は、お手数ですが、http://zombiepigman.moe/ に変更お願いいたします。

森の洋館をリフォームする ~ 準備編(2)


前回、基礎を作ったので、壁を作っていきます。


1階が完成。
原木を横に設置するのが死ぬほど面倒だった。原木を横に設置するのが死ぬほど面倒だった。原木を横に設置するのが死ぬほど面倒だったです。


このままの勢いで2階も作っていきます。
例によって、間取りだけは先に用意ししておき


そして、壁を設置。
原木を横に設置するのが死ぬほど (略



資材となるダークオークはピラミッド区の隣にある、なぜか葉が無い森から調達しました。


かなり寂しくなってきました。

森の洋館をリフォームする ~ 準備編(1)


バージョン1.11で森の洋館が自然生成するようになりました。
かなり苦労してこの建物を探し当て、お化け退治もしました。
その後、放置していたのですが、この度この洋館をリフォームすることにしました。


が、しかし、遠い、、あまりに遠い。
というわけで、森の館をリフォームという体ながら、新たに作ることにします。
場所はわりと何を建てても許されそうな南1.8区です。


まずは館を作る場所を確保してマツを伐採します。


そして低い位置を基準に整地します。
高い位置や中間の位置を基準にしても良かったのですが、建物の高さが意外にあるので、あまり浮かないように、低い位置にすることにしました。


枠組みを作成。左上の部分を削らなきゃよかったと反省。


今回は新築ではなくリフォームなので、あえて間取りは発見したものと同じのにします。
実際に測量すると、ランダムにうまくパーツの組み合わせができるようになっているなぁ、と感心。


ちなみに実物の間取りを調べつつ作っていたのですが、当初の探索で見つけられなかった隠し部屋を2箇所も発見しました。
でも、どちらも同じスクリーンショットのタイプで、オノしかなかったですけどね。オーノー


なお、今回のプロジェクトは準備編は3回連続でお届けしますが、それ以降は不定期プロジェクトにする予定です。ただ、あまり間隔は空けないつもりでいます。

氷河に眠る宝船 (メイキング編)


前回の茶番編のメイキングです。
埋まった船のある氷山もゼロから作ったのですが、船が丸々入る大きさが必要なので、かなり苦労しました。
しかも、ここは海路の北で、本来は氷山を増やす必要が無かった箇所なのですが地図の作成上、やむを得ずこことになりました。


しかも、実は氷塊が既に在庫切れ。
🍥が思いっきり被ってしまいましたが、バージョンの裂け目に不自然な氷山があったので、これを取り崩しました。


久々に作ってる途中で素材切れを体験してぐっだりしつつ外観は完成。


では、内装を作っていきましょう。


とりあえず沈没船と同じものを作ります。どこを喫水線にしようか迷いました。


沈没する前にいろいろ付いていたであろう細かなパーツを妄想して色々と付け足しました。


前回のスクリーンショットには無かった、下の部屋とかもきちんと作っています。
その後、前回のスクリーンショットのように、船の周りにも永塊ブロックやら氷ブロックを積んで、囲まれている感じにしました。


最後に、✖印を作って地図に印刷して、その後除去。
1.14 から地図を固定できるようになったので、茶番が広がりそうです。

最後に、前回のキャーポイントの足場や、目印の階段ブロックを入れた額縁を平面に設置し、その上に薄い雪を被せて隠したら完成です。




記事とは関係ないのですが、何故かラマが減ってました (スクリーンショットは散らばっていたラマを集め直した後)。
残るは何かが爆発した跡。そして、何故か今までいなかった焦げた色のラマがいるという事…
これは、てんやわんや街七大不思議のうちの一つと言っていいでしょう。

氷河に眠る宝船 (茶番編)


真夏のある冬、氷河帯を慎重に航海していた探検家アレックスはふと一艘の沈没船を目に留める。
よく見かけ、どうせ荒らされているであろうと普段はスルーするところだが、今朝見たテレビの占いコーナーで、沈没船を探すと吉アリ、流れていたのを思い出し探してみることにした。


多くのチェストはガラクタしかなかったが、恐ろしいほどコンブの詰まった箱に何らかの地図を見つけた。


これは宝の地図ではないだろうか。
しかも割と近そうだ。おそらく、この沈没船の主はこの宝を見つけようとしていたところ、氷山にぶつかったに違いない。


しかし、いくら探しても宝は見つからない。
掘った形跡がスクリーンショットからは見えないかも知れないが、掘って埋め戻したのだ。


しかし、よく目を凝らすと、雪の上に「>」模様が見える。
これを辿ったところ、明らかに不自然な箇所を見つけ出した。


キャーー助けてー(女声)。


雪に吸い込まれると、そこはほのかに明るく明らかに人工的な物があった。そう、これは船だ。


かつて一般的に普及していた沈没船と同じスタイルの船がほぼ原形をとどめて、そこにはあった。


まだ誰にも荒らされておらず、一財産は積まれている。


航海日記によると、氷河に飲まれてしまい、船での脱出は断念。
願わくば助けに来るように、瓶に地図を入れて、海に流した旨の文章が綴られていたのであった。

海賊のアジトに大砲を設置する


海賊のアジトは中は快適ではありますが、防御力が万全とは言えません。
今回は、外敵に備え大砲を設置していきたいと思います。


今まで大砲は何種類か作ってきましたが、今回のは小柄で割と可愛い感じにできたのではないでしょうか?


そして、大砲が丸見えだと海賊のアジトが分かってしまうのでこのようにカモフラージュしておきます。


さらに、なるべく移動も見られないようにする為、内部からトンネルを掘ります。
この部屋の場合は中央奥の通路にハシゴを設置。


こんな感じに繋げてみました。


これをさらに二カ所設けました。
ちょっとバレそうな気もしますが、あまりに隠しちゃうとブログ記事的にアレなので。


最後にもう一か所、内側の入って正面の崖の上にも同じものを配置しました。
なお、この大砲に行く手段はまだないのでいつか作りたいと思います。
プロフィール
【名前】
てんやわんや街長 (ちょうちょう)

【マイクラ暦】
2011年5月~ (PC版)

【メール】
zombiepigmanblog@gmail.com

【ツイッター】
@ZombiePigmanNow


サバイバルモード、バニラ(MOD未使用、デフォルトテクスチャ)、チート無し でプレイしています。
そのほかゲームのスタイルやコンセプト、ブログ運営等についてはこちらをご覧下さい。

基本的にブログは毎週 月・水・金 に更新しています。
コメント返信は現在大幅に遅れています。ごめんなさい。

ブラウザの横幅を広げると、大きい画像でご覧いただく事ができます。
ピックアップ記事
【これまでの開拓まとめ】
1~100 / ~200 / ~300 / ~400 / ~500 / ~600 / ~700 / ~800 / ~900 / ~1000 / ~1100 / ~1200 / ~1300 / ~1400 / ~1500 / ~1600 / ~1700 / ~1800 / ~1900 / ~2000

【ミニテクニック関係】
開発 1 / 2
作業 1 / 2
採掘 1 / 2

【レッドストーン回路関係】
回路解説 1 / 2 / 3 / 4 / 5
トロッコ&駅 1 / 2 / 3

【その他】
バックアップ方法
破損データ修復方法
バナー(旗) 関連記事一覧

エイプリルフール ネタ(2012年) / 1周年記念 / 2周年 / 3周年 / 4周年 / 5周年 / 6周年 / 7周年 / 100万アクセス記念 / 200万 / 250万 / 500万 / 1000万 / 1500万 / 2000万 / 2500万 / 3000万 / 3500万 / 4000万 / 8周年&4500万
記事検索
最新コメント
Twitter
メッセージ
その他
当サイトの、建築、アイディア、駄洒落、そのほか参考になるものがあれば、ご自由に使ってください。

ブログ、動画等での紹介はご自由にして頂いて構いません。連絡いただければ、喜んで見に行かせて頂きます。

当サイト掲載の画像は、特に断りが無い場合は、ご自由に転載して頂いても構いません。


【著書】

できるレッドストーン回路
2017年7月24日 インプレス


できるマインクラフト建築
2016年6月24日 インプレス


 
QRコード
rssRSS
  • ライブドアブログ