マインクラフトてんやわんや開拓記

箱庭ゲームのマインクラフトMinecraft)のてんわやんわな日常生活や、街や開発や建築、探検などの日記を中心に、攻略やチップ、テクニックなんかも紹介しています。

8月11日
7月24日に発売した筆者2冊目の本「できる レッドストーン回路」の 特設ページ を開設しました。
どんな内容か分かるように、全目次も掲載しています。読者専用コンテンツも随時追加予定です。

かなり大きな船を造る (2)


内装の続きです。
後方デッキの中層です。だいぶ大きな船では、おまえんち天井低いんじゃない、って言われるような空間でしたが、今回は割と大きなスペースを確保できました。


キッチン兼、ダイニングになりました。



後方デッキの低層は、このような空間が2つ用意しました。


客や士官の私室となります。
これは前回とほとんど変わらないとですね。



甲板下の後方区画が、船員の寝室となりますが、今回はここをさらに2段に区切りました。


下層はテーブルなどのあるちょっとしたスペースとベッドが2つ。ちょっと偉い船員用。


上層は今までと同じようにベッドを詰め込みました。



前回の船にも前方デッキはありましたが、かなり狭くて、ほとんど何も置けませんでしたが、この船の前方デッキにはきちんと部屋を確保することができました。


船自体や船員の荷物部屋になっています。


甲板下へ通じる途中や階段裏にも荷物を配置しています。

かなり大きな船を造る (1)


正月に「だいぶ大きな船」を作りました。今回はそれよりさらに一回り大きな船を造りたいと思います。
場所は、チューリップの風車の近くです。


枠組みを作成。
前回の船より幅が2ブロック増えています。


船底まで作成。
このサイズになると水抜きが地味に面倒だったりします。


側面を作成。
いつも、とりわけ前回、とても苦戦した船首がなんと一発OKで作ることができました。


甲板を貼り付けます。
この辺りは基本的に前回と同じ感じですね。


内装も作っていきましょう。
ここは後方デッキの上層です。


船長の部屋ですが、今まで2部屋だったので3部屋になり、まずは私室。


応接室です。今までは執務室と兼用だったのですが、独立した部屋になりました。


そして、私室と応接室の間の上部に執務室を用意しました。

運河、湖からどっちへ進もうか迷う


前回、湖まで運河を開通させました。
後々、水を増やすのですが、運河の規格として水深を確保するため、一部を整地。


湖に達した運河ですが、ここが終点ではないため、もう一つの通路も作らないといけません。
いろいろ悩んだのですが、南に移動することにします。


山を削って


枠を組みます。


さらに、ここにも水位を調整するための設備を入れるためのスペースを確保しておきます。
下に降りるのではなく、さらに上にあげます。


湖自体ですが、さすがに丸石だけだと味気ないので、土を敷きました。
将来的に水に沈むので、砂もそれっぽく配置。
本当は水に沈む部分は草でなくて土がいいのですが、さすがに面倒過ぎるので断念。


周辺からは丘のように見える部分は針葉樹を植えなおして、それっぽくしておきます。

北大陸にアスレチックを作る


ちょい前に、北大陸の山の中に鉄道を這わせたのですが、その時に見つけた古《いにしえ》の目印を確認してみたら、双子のスポーンブロックがありました。
今回は、これを使ってアスレチックステージを作りたいと思います。
そういえば、当時は苔石がクラフトできなかったので、スポーン部屋から取っていたのが懐かしいです。


双子のスポーンブロックを中心に部屋を所定のサイズだけ広げました。


回路を設置します。
アスレチック要素として所定時間以内にゴールにたどり着けば、賞金ゲットな仕組みです。
ちなみに、この回路はレッドストーン本にも載せていたりします(宣伝)。


回路むき出しだとアレなので、壁でフィールドを作成。
手前から奥へ行く感じです。


単純に移動するだけなら簡単なので、難易度を上げるために、矢を飛ばす装置をちょっとだけ壁に設置します。


天井裏にも矢を飛ばす機構を設置。
時系列的には、天井に回路を設置する関係で、この前に最終調整をしています。


足場の羊毛を取り除き、朽ちた遺跡風にしてみました。
クモが増えすぎないように溶岩を敷いて難易度を下げてます(シンセツ)。


テストプレイしたところ、問題なくクリア!
無事お宝ゲットです。


なお、斜め掘りで地上を目指したところ、ちょうど北大陸の拠点のわきに出たので、道と繋げておきました。

長らく、毎週水曜日をレッドストーンの日としてやってきましたが、とりあえず今回で終了にしたいと思います。
後半、かなりネタを見つけるのに苦労しました。

海の上を走る列車 途中経過 (34)


前回、サライで盛り上がりつつ、ゴールまでレールを敷くことができました。
が、実際にはパワードレールが足りずに歯抜け状態になっています。まぁ演出はよくあることです。


パワードレールの敷設完了。


あとガラスが抜けている部分も埋めておきます。



一応、レールはこれで敷き終えたのですが、+アルファ要素として、スクリーンショットのような街灯を加えました。


この誰かがマグマの設置をミスって出来た小島も、撤去しようと思ったのですが、ちょうど街灯の位置に来たので、残しておくことにしました。


パワードレールの間隔で街灯を設置していたのですが、なんだか違和感があると思ったら、こんなものが…
全部チェックしたわけじゃないのでまだありそうな気がします。


海中はシーランタンたんです。


さらに、離れたところからこの路線を見るとやや不自然な部分があるので、橋脚を付けました。


街灯と合わせて、黒い1本のラインじゃなくなり、面白い感じになってくれました。
ちなみに、大海原に入ったら橋脚は作りません。外側から見る機会はないですし、それに面倒で死んじゃうので。


最後に途中にあるネザーゲートを破壊しておきます。大変お世話になりました。
プロフィール
【名前】
てんやわんや街長 (ちょうちょう)

【マイクラ暦】
2011年5月~ (PC版)

【メール】
zombiepigmanblog@gmail.com

【ツイッター】
@ZombiePigmanNow


サバイバルモード、バニラ(MOD未使用、デフォルトテクスチャ)、チート無し でプレイしています。
そのほかゲームのスタイルやコンセプト、ブログ運営等についてはこちらをご覧下さい。

基本的にブログは毎週 月・水・金 に更新しています。
コメント返信はちょっと遅れて土日とかになる事が最近は多いです。

ブラウザの横幅を広げると、大きい画像でご覧いただく事ができます。
ピックアップ記事
【これまでの開拓まとめ】
1~100 / ~200 / ~300 / ~400 / ~500 / ~600 / ~700 / ~800 / ~900 / ~1000 / ~1100 / ~1200 / ~1300 / ~1400 / ~1500 / ~1600

【ミニテクニック関係】
開発 1 / 2
作業 1 / 2
採掘 1

【レッドストーン回路関係】
回路解説 1 / 2 / 3 / 4 / 5
トロッコ&駅 1 / 2 / 3

【その他】
バックアップ方法
破損データ修復方法
バナー(旗) 関連記事一覧

エイプリルフール ネタ(2012年) / 1周年記念 / 2周年 / 3周年 / 4周年 / 100万アクセス記念 / 200万 / 250万 / 500万 / 1000万 / 1500万 / 2000万 / 2500万 / 3000万
記事検索
最新コメント
Twitter
メッセージ
その他
当サイトの、建築、アイディア、駄洒落、そのほか参考になるものがあれば、ご自由に使ってください。

ブログ、動画等での紹介はご自由にして頂いて構いません。連絡いただければ、喜んで見に行かせて頂きます。

当サイト掲載の画像は、特に断りが無い場合は、ご自由に転載して頂いても構いません。


http://マイクラ.com でもアクセスできます。


【著書】

できるマインクラフト建築
2016年6月24日 インプレス


 
QRコード
rssRSS
  • ライブドアブログ