マインクラフトてんやわんや開拓記

箱庭ゲームのマインクラフトMinecraft)のてんわやんわな日常生活や、街や開発や建築、探検などの日記を中心に、攻略やチップ、テクニックなんかも紹介しています。

2013年01月

大図書館を作る (20) <地下レベル1区画 1>


さて、前回までにエントランスや中央閲覧室、蔵書室や拠点部屋、スタッフ部屋などの地上の部屋を作りました。今回から地下の部屋を作っていきます。

地下室は一般人の立ち入りはできません。さらに、奥の区画に行くに従い、入ることが許可される者も少なくなり、加えて中二病の症状が酷くなります。

というわけで、まずは【レベル1区画 - スタッフ及び研究員のみ入場可】のエリアです。

最初につくる部屋は、蔵書室です。読まれる頻度が低い本などが、ここに保管されます。一般人もリクエスト可能ですが、離れているので、ここの本を注文されたら、スタッフは嫌な顔すること間違いありません。



とりあえず床などを敷地いっぱいまで延ばします。“室”というか、廊下に近いかもしれません。
なお、地上建築物との構造については、一応考慮していますが、厳密なところは見逃して下さい。なお、敷地からはみ出すような事はしていません。


はい、駐車場ができました。


柱を設置します。どうやら2階建て駐車場だったようです。


下から見ると大閲覧室の本棚の裏側が見えますね。ここは何かに使えないかなと考え中。クリエイティブモードの試作は地上と地下は別々に作っているので、このような発見は実際に作っている最中にしかなかったりします。



2階の柱、天井、針の設置。


元々暗い松の原木と木材で作っていますが、さらに暗いネザーレンガでアーチ状の梁にしました。




本棚を加えて完成。


実はこの図書館最大の蔵書室はここだったりします。本棚を13スタックも使ってしまいました。
これでも本来は横4列の予定を3列に変えたり、側面を全て書架にするのを、階段の割合を増やしたり装飾を入れたりで、なるべくクオリティを落とさずに節約した結果だったりします。

ちなみに、この蔵書室は、スウェーデンのトリニティ・カレッジ図書館を参考にしました。“図書館”をキーワードでグーグル検索すると必ず上位に入る美しい図書館ですね。 調べたら一般人も見学できるようなので、いつか実際に行ってみたいです。

南々工業地区と南々孤島ポータルを繋げる

繋げるとタイトルに書きましたが、実はもうトンネルで繋がってはいます。
でも、ちょっとルートが気に入らなかったので、数ブロックずらしたところに作り直します。


正面上が旧ルート。ここは将来、鉄道でも通すことにします。

右のタイマツがある辺りを掘り進みます。


ここは途中にスポーンブロックがあったりします。これもルートを引き直した理由の一つ。


良いところに出ました。ちなみに、今までは、アーチの足元の砂利の下くらいに出ていました。



内部の壁を直して、ライトを設置。街灯は工業地帯と同様に、わざとレッドストーントーチを剥きだしにしています。
スポーンブロックもちょっとしたアクセント。


内部に空いていた空間はこんな感じにしました。



砂漠側の入り口もガラス板でデコレーション。地面から出るタイプのトンネルの出入り口っていつも装飾に迷うんですよね。



工業地帯入り口の橋までは、繋げます。


この土地を造地しているときは、普通に地面に道路を埋める予定だったのですが、ちょっとこの造地を壊すのが惜しくなってしまったので高架にしました。

バージョン1.5 開発版まとめ

注意 本内容は、バージョン 1.5 の開発版(Snapshot)のものです。正式版では異なる場合があります。

開発版の為、重大なバグが存在する場合があります。試す場合は、必ずバックアップを取り、自己責任でお願いいたします。

全ての内容を記載している訳ではありません。マルチ関係や、細かなバグ修正などはスルーしていることが多いのでご了承下さい。

アップデートまとめ記事は、正式版が出るまで、この記事にて随時追記していきます。
1月9日 バージョン13w01a/b
1月17日 バージョン13w02a/b
続きを読む

大図書館を作る (19) <屋根 3>


蔵書室の天井も普通に張り終えて、屋根を空けて置く必要がなくなったので、ついに屋根を張ります。


その前に、蔵書室の天井と屋根の間に隙間がありますが、ここは人が通れるほどの大きさではないので、背面付近の拠点部屋からエンチャント部屋のある全面の天井裏への通路が必要です。


2階廊下の上、この前方と後方の壁をピストンを用いたドアにしました。回路を延ばして、拠点側を開ければ、自動的にエンチャント部屋の方も開くようにします。

ちなみに、北側の通路(スタッフ部屋の方)、にはこの通路は設けません。



はりはり。この作業はほーんと地味に大変。


みごとな灰色一色になりました。
まだ、中央閲覧室の上部スリットは空いていますが、これはまた後ほど。


仮のハシゴも撤去。



湧き潰ししたと思ったけど、漏れもあるようです。

最近は室内などの作業で石ブロックはさほど使わなく減る率が少なかったのですが、ここで第五ラージチェストも無くなりました。

砂採取所の道延長とエンダーチェスト部屋


砂採取所から日本庭園の正門まで道を伸ばすことにします。これによって正式にメインストリートが街から大図書館まで接続されることになります。


特にコメントすることも無く接続完了。

砂採取所の敷地内の通路については、後の開発の際に作り直すかも知れません。


これだけではさすがに寂しいので、エンダーチェスト部屋を作りたいと思います。


この中央部分を掘ります。ちなみに左のはこの地域の拠点テントです。


今回は結構深く掘ります。



とりあえず、いつもの仕様のエンダーチェスト部屋を作成。



外観も作成。拠点やトロッコ駅と同じくテント状にします。
特にこの周辺はテントで作る、というテーマを設けてはいなんですが、なんか流れがテント村っぽくなっている気がしますが、ブログ的には同じような外観を作ることになると面白くないでしょうかね。


入り口は側面に設け、ちっこい窓(飾り)を設けて完成。
なお、部屋を掘り半分地中に埋めているのは、すべて地上に作ると、テントがピラミッドのように大きくなってしまう為です。



エメラルド鉱山 9~12層目採掘終了


ブログでは定期的に途中経過をアップしていますが、この4層はかなりマグマに妨害されて、時間がかかりました。



あ゛あ゛あ゛あ゛ーーー
シルクタッチで採るところを、思わず掘ってしまった。



岩盤露出の地底湖。



自然に固まった黒曜石ゾーンもちらほら出てきました。



これが最終地点のスクリーンショットなのですが、ご覧のように雨粒が見えることから分かるように、地上に穴が空いています。


左がこの穴の近くの坑道、右が少し離れた場所の坑道となります。
掘る前は左を想定していました。右は天井にグロウストーンを配置した意味が無いですからね。さて、どうしたものか・・・


気を取り直して結果発表。
エメラルド増加は48個でした。減少傾向だったのが持ち直しましたね。
ちなみに、ダイヤの増加は92個でした。果たして追いつけるのか。

ちなみに、次回の結果発表が最後となります。

大図書館を作る (18) <カフェテリア等>

今回は図書館のおまけ設備を作ります。


背面のエントランスの上部です。
背面の出入り口です。こっちは資料が無いので完全な妄想です。

ここはカフェテリアみたいな感じにしました。

最初、暖炉を付けようかなと思ったのですが、万が一の場合の損害が果てしないので、止めました。


ガラスが割れているのは気にしちゃいけないヨ
ちょっと椅子とテーブルが高い位置にありますが、たまにこういうカフェありますよね。


軽いシャンデリアなど、いろいろ配置して完成。
最近、葉っぱを配置すると、一気にカフェ度が上がるのに気がつきました。



もう一つ、こっちは一般人用の設備じゃないのですが、エントランスの天井裏の大きくスペースが空いている場所にエンダーチェスト部屋を作ります。
とりあえず空き地の感覚がつかめていないので、土で仮組み。


ラピスラズリに差し替えて、黒曜石の床、エンダーチェストを設置。


外装は、よく使っている本棚と音ブロックをメインにしました。

新ネザー砦まで通路を作る


ウィザースケルトンのスポーンするネザー砦まで通路を作ろうと思います。



空中通路は、以前と同じ仕様のガラスチューブ。


例の妨害のマグマは通路を捻じ曲げました。



おっと不慮の事故が発生してしまいました。



トンネルは広げ


きちんとタイマツを並べて完成。ネザーラックってブロックの単位が分かりづらいので地味にタイマツ設置が面倒ですよね。


しかし、探索時にはさほど思っていなかったのですが、かなり遠かったです。


後回しにする予定の鉄道もさっさと引くことにしました。


ピラミッド区へのポータルはまた駅を作る予定ですが、とりあずスルー。


ここの事すっかり忘れてましたが、特に問題なく敷設できました。


ちょうど良いところで手持ちのレールが無くなりました。

エメラルドマウンテンを小改造


橋をいくつも作っている時も思っていたのですが、意外に木材の消費が激しいです。
街の拠点から持って来たり、適当に植木してきたのですが、今回は植林地を作ることにします。


場所は中央のやや平坦な場所です。



整地して、壁やら井戸を設置。


植えられる本数は12本とかなり少ないですが、毎回大量に使う訳ではないので足りるでしょう。
ちなみに、いつも日課採掘の終わりに小麦やジャガイモ、ニンジンの収穫をしているので、その一環に組み入れたいと思っています。



おまけに、以前コメントにこの渓谷に滝があると面白いという意見を貰いました。実際にやってみました。


水流のコントロールに結構手を焼きましたが、なかなか綺麗にできました。

大図書館の周りを造地する (3)


造地の初回で少し紹介しましたが、東側も延ばしています。


こっちは入り江でもなく、崖でもない、ただの平原で、告白すると何も考えずに単純に延ばしていました。


しかし、いくら何でも終点を決めないとということで、この場所にします。
上目遣いで見るとスクリーンショットのように建物が見えますが、カーソルを中心に合わせると建物が見えない距離です。


邪魔な木を切って


湾と繋げて


とりあえず完成。中央2列が空いているのには理由がありますが、また今度。



さて、北側の人口の洞窟を作っている場所の下は、バージョンの壁で途切れているものの、砂漠バイオームなので、結構砂があります。


嫌がらせにも屈せず


これを全部頂きました。


さらに、砂岩も頂きました。

ちなみに、今回は砂岩を取った穴を丸石で埋めて、余分な石も削って、慣れない整地をしてみました。この空間がちょっと勿体無いので、何か建てたいですね。

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます
昨年は大変お世話になりました。本年もマインクラフトてんやわんや開拓記をどうぞよろしくお願いいたします。

去年の目標は“ちょっとは大きな建物にチャレンジする”でありました。これは、まだ未完成ではありますが、大図書館を作っているといるということで、クリアではないでしょうか。

新たな今年の目標は、“中規模サイズの建物に多くチャレンジする”です。

正直、大図書館は今まで作っていたサイズの建築物と比べて、飛躍的に大きなサイズにしてしまった感が否めません。今考えても、どうしてこうなった、としか言えません。
そこで、今年は、街にあるような1部屋1建物の建築物より大きく、大図書館より小さな。中規模サイズの建築をしたいと思います。具体的には30メートル四方くらいでしょうかね。あえて目標の中に入れた“多く”という言葉通り、最低でも10個は作りたいところです。

もちろん、小さい建物を作るのも好きなので、従来どおりの、小さな建造物の集合体としてのワールドの開拓にも力を注ぎます。あと、リアル現時点でまだ未完成の大図書館も早く完成させたいところです。


昨年の年賀記事を読み返して、6ヶ月経っても飽きる気配が無いと書いてありましたが、1年6ヶ月経った今でもまったく飽きる気配がありません。マイクラ怖いですね。
プロフィール
【名前】
てんやわんや街長 (ちょうちょう)

【マイクラ暦】
2011年5月~ (PC版)

【メール】
zombiepigmanblog@gmail.com

【ツイッター】
@ZombiePigmanNow


サバイバルモード、バニラ(MOD未使用、デフォルトテクスチャ)、チート無し でプレイしています。
そのほかゲームのスタイルやコンセプト、ブログ運営等についてはこちらをご覧下さい。

基本的にブログは毎週 月・水・金 に更新しています。
コメント返信は現在大幅に遅れています。ごめんなさい。

ブラウザの横幅を広げると、大きい画像でご覧いただく事ができます。
ピックアップ記事
【これまでの開拓まとめ】
1~100 / ~200 / ~300 / ~400 / ~500 / ~600 / ~700 / ~800 / ~900 / ~1000 / ~1100 / ~1200 / ~1300 / ~1400 / ~1500 / ~1600 / ~1700 / ~1800 / ~1900 / ~2000

【ミニテクニック関係】
開発 1 / 2
作業 1 / 2
採掘 1 / 2

【レッドストーン回路関係】
回路解説 1 / 2 / 3 / 4 / 5
トロッコ&駅 1 / 2 / 3

【その他】
バックアップ方法
破損データ修復方法
バナー(旗) 関連記事一覧

エイプリルフール ネタ(2012年) / 1周年記念 / 2周年 / 3周年 / 4周年 / 5周年 / 6周年 / 7周年 / 100万アクセス記念 / 200万 / 250万 / 500万 / 1000万 / 1500万 / 2000万 / 2500万 / 3000万 / 3500万 / 4000万 / 8周年&4500万
記事検索
最新コメント
Twitter
メッセージ
その他
当サイトの、建築、アイディア、駄洒落、そのほか参考になるものがあれば、ご自由に使ってください。

ブログ、動画等での紹介はご自由にして頂いて構いません。連絡いただければ、喜んで見に行かせて頂きます。

当サイト掲載の画像は、特に断りが無い場合は、ご自由に転載して頂いても構いません。


【著書】

できるレッドストーン回路
2017年7月24日 インプレス


できるマインクラフト建築
2016年6月24日 インプレス


 
QRコード
rssRSS
  • ライブドアブログ