マインクラフトてんやわんや開拓記

箱庭ゲームのマインクラフトMinecraft)のてんわやんわな日常生活や、街や開発や建築、探検などの日記を中心に、攻略やチップ、テクニックなんかも紹介しています。

2013年04月

カリン塔を作る (2)


まず始めに、無限水源を作って、落ちても死なないようにします。これとても重要。


塔の幅は1にしようか2にしようか迷ったのですが、1ブロックにします。
カリン塔を知らない方の為に、書いておきますと、カリン塔というのは、すっごく高い塔で、その上にある宮殿ににカリン様という仙人(猫)が住んでおられる塔です。


雲の位置を通過。
塔の素材は砂岩で、数種類ある砂岩をローテーションしつつ組んで生きます。


とりあえず高度限界に到達しました。息が苦しいです。



戻りようがないので、一度飛び降りて地上に戻ります。怖い~!


で、ハシゴを設置しなおします。
こんなにハシゴ作ったの初めてです。


頂上到達



結構な存在感です。

北大陸に新博物館を建築 (4)

前回で展示準備が整ったので、今回はついに引越しをすることにします。


旧博物館からせっせと回収


螺旋になっているスペースには、主に自然界的なブロックを設置します。ちなみに35箇所の展示スペースがあり、すべては埋まらないので、そこは将来の為に鉄柵を置いて空スペースにしています。


わりとそれっぽくなって、個人的には気に入っています。



四角い部屋は、加工して手に入る素材を中心に展示。


こっちは結構埋まってしまいました。将来的にスペースが逼迫した場合は、同じ種類のブロックはまとめるかも知れません。



1階ロビー。



外観はこんな感じになりました。


中途半端に空いたスペースにはベンチなどを設置しました。このあたりは将来的に隣の建造物とのバランスで調整する予定です。



昔、街に建築した際に張った写真と同じですが、モデルとなった美術館です。

ついに宝島を発見! (前編)

かなり以前に追加された要素でありながら、うちのワールドに登場しないものがありました。それは、キノコバイオームです。

キノコバイオームが誕生したバージョンの段階で、うちのワールドはかなり広がっていました。海の上を走る列車のシリーズの最中に見つかるかな?と期待していたのですが、まったくその気配もなく、時は無情に過ぎて行きました。




しかし見て下さい。ついに発見しました。
このデータはメインデータとは別のものです。メインデータで探索すると無駄にワールドのサイズが広がる為に、メインとは分けたもので探していました。


一番広域の地図で、下にあるのが北大陸の東端となります(うちのワールドは上が東)。旧来の地図で1枚分くらい、約1000メートルくらいでしょうかね。



では、メインデータでも探しに行きます。右下にかなり古いバージョンで変わった水位の変化が見えますね。一段下がっている側がキノコ対応バージョンとなります。


一定間隔で目印を設置しておきます。


一夜を海上で過ごし


ついに見えました。

カリン塔を作る (1)

いつぞやのバージョンで高さ上限が128から256に増やされました。その時から思ってました。筆者の青春時代のアニメ、ドラゴンボールに出てくるカリン塔を作ってみたいと。

例によって、メンドクサイ病を発症し、延期していたのですが、ドラゴンボール劇場版が公開されたということで、まさにタイミングが 今でしょ! でしたので、作ることにしました。ネザーの球体拠点と若干被る気もしますが、気にしない。



まずは、立地を探します。これはかなり苦労しました。カリン塔は良くも悪くも、遠くから非常に目立ちます。景観との兼ね合いにとても気を使いました。

ここは、エメラルド鉱山地区の近くの盆地です。実はこの盆地は今までまったく気付かずに、偶然発見しました。かなり長閑な感じで、気に入っています。


ということで、ここに建てます。
少し整地して、建てる位置に目印を設置。


さて、さほど長い建築にはならないと思いますが、塔を建てる前に、ちょっとした拠点を構えておきたいと思います。


土ブロックで大きさを確認して


羊毛ブロックで、テントを作りました。 実際はとんがり帽子みたいなテントなのですが、再現できないので、既に別の場所で作ったことのあるテントの形を流用しました。


中は非常に狭くこんな感じ。


いろいろ装飾を施して完成。



あと、メインストリートから盆地へ、小さな道も設置しておきました。わざとちょっと分かりづらくしています。

雪国の露出峡谷を整える (3)


やけに広くなってしまった床


土が露出している部分を盛り上げて島にしてみました。


あと、建築途中につき、堰きせき止めていた滝を開放させます。



掘削によって空中になってしまったのは、だいたい同じ位置の壁に埋め込みました。


床はすべて池にしてみました。これで少しは牢獄っぽさが薄れるはず・・・
最初は、溶岩とコラボらせようかとも思ったのですが、いろいろ面倒な上、水晶鉱山での怨みが募っているので、やめました。



最後に橋を掛けます。とりあえず土で仮組み。


鉄柵を使った無難な感じになりました。最初は『エメラルド山岳区から北に道を伸ばす』で作ったホッパーを使った橋にする予定だったのですが、予算不足な為に、このような結果に。

まだ肝心の中身が作られていませんが、ストックが無くなったので、しばしこのシリーズはお休みとなります。



作っている最中、何かに似ていると思ったら、東京国際フォーラムに似てました。 (写真:筆者撮影)

北大陸に新博物館を建築 (3)


天井を貼り付けます。


渦の中央部分はガラス張りにして、吹き抜けにしています。



丸い部分ではなく四角い部分も作って行きたいと思います。
土を引っ剥がして、


床と天井を設置。若干逼迫感がありますが、気にしない。


土ブロックで展示する位置を検証。


四角い部屋の方は、壁で区切りました。
いよいよ展示品受け入れ準備が整ってきました。

エメラルド山岳区から北に道を伸ばす


エメラルド鉱山の山岳の橋群へ引いたメインストリート、そのまま進むと寺院のあるジャングルに進みますが、東方向となる左にも分かれ道を作っていました。
今回は、その東方向に道を伸ばそうと思います。


決して、まったく気にならないバージョンアップの壁の下には湿地帯が広がっているように見えますが、さほど広くはなく、直ぐ先には平原バイオームが広がっています。



とりあえず高度が高いので、道路をジグザグに設置して下ろします。


パターン的に結構綺麗に下ろすことができました。



後は割と普通に道を敷設。
ちょっとスペースが空いたので、いつものお社を設置したりしました。



さて、湿地帯の川に差し掛かったので、橋を架けます。


基本スタイルはこんな感じ。


そして、今回の新兵器。1.5の新要素のホッパーです。


これを並べて欄干にしてみました。金床はあまりに高すぎて使えませんでしたが、これなら、どうにか設置可能です。



冒頭に書いたとおり、平原バイオームに突入。



しばらく進むと、なんと、例の家を発見。

雪国の露出峡谷を整える (2)


峡谷内に通路を作ったわけですが、下の方が広がっているという特性上、落ちるとかなり大ダメージです。このスクリーンショットはそれを分かり易くご覧頂く為に、わざ飛び降りて撮影しました。


なので、通路に柵をつけようと思いますが、その前に照明を配置。最初は適当に配置しようかなと思ったのですが、結局、湧かないギリギリの配置にしました。


柵は鉄柵にします。1層整えるのに1スタック以上の鉄が必要でした。ちょうど良く、前回廃坑を発見したので、そこから調達することができました。



階段が今まではハシゴと土ブロックによる仮設だったのを、きちんと整備。



壁が湾曲しているので、地味に設置が面倒でした。


北大陸に新博物館を建築 (2)


エントランスを作ります。


このような時にネザー水晶ブロックはほんと使い易い。


床素材は基本的に焼き石の半ブロックにします。


中央部分はデコリました。このような時にネザー(略



上のスクリーンショットは街にある博物館の内部です。円形部分が渦巻きの螺旋階段になっていますが、新博物館も同じ感じにします。



で、最初に作ったものがこちら。入り口入った直後なんですけど、狭い!!。
以前より酷い圧迫感です。



やり直しました。


割と納得行く出来ではあるのですが、天井が無いため、スクリーンショットではちょっと分かりづらいですね。


1階の奥は地下への階段を設置しておきます。階段のみで、現段階では地下室は作りません。将来的に地上のスペースで展示仕切れない際などに拡幅したいと思っています。

1.4ネザー砦の近くに拠点を作る (5)

球体拠点の最終調整をしたいと思います。


その前に、どうも中途半端にスペースが空いているところが、とても気になっていました。
んで、仮組み。当ブログ上級者はこれで何を作ろうとしているか分かってしまうかも知れませんね。そう、エンダーチェスト部屋を作ります。
本当は外のどっかに作ろうかなと思っていたのですが、まぁここでもいいでしょう。ユーティリティ区からも地味に離れていますからね。



基本素材はいつも通りのラピスさんと黒曜石。周辺の場所に合わせたサブ素材はガラスにしてみました。



最後に空いたスペースなどにシャンデリアを飾ってみました。




なかなか全景を撮るのは難しいですが、こんな感じになりました。

雪国の露出峡谷を整える (1)


露出峡谷の中を整えたいと思います。まず1層の高さをきちんと決めます。


1層目は既存の足場を利用するので微調整のみ。2層目はまず上の層の足場の下に仮足場を設置。


さらに1周り剥きます。


仮足場を撤去。基本的に層が深まると上の層より一回り広がる形にしてみました。




これを最下層まで繰り返しました。
最後はTNTでガンガン掘っていたら、廃坑にぶつかりました。


いやー、かなり掘りました。原型はほとんど残っていないです。


はみ出している段は通路にするので、ちょっとこだわって階段を逆設置してみました。


北大陸に新博物館を建築 (1)


かなり初期に作った博物館がてんやわんや街の中心にあります。この博物館はブロックを展示しているのですが、かなり初期に作っただけあって、その後のバージョンアップで増えたブロックを展示することが出来なくなっていました。

そこで、博物館を新たに建て直すことにしました。


場所は街ではなくて北大陸です。以前整地したものの、まだ手つかずのスペースに隣接するように作ることにします。
ちなみに造形は、街に以前建てたものと同じグッゲンハイム美術館をモチーフにします。


まずは整地します。サイズは30×30で、今年に入って3件目の中規模建築になります。


基礎というか建物を設置する場所を間違えないようにマーキング。以前は古墳のような感じでしたが、今回はこのような形になります。


1層目完成。ここで用意しておいた雪がわずかに…。まぁ今回は帰ればストックがあるので問題無いですが、あいかわらずです。


2層目完成。ここから観ると闘技場みたいな感じですね。いつか闘技場も作ってみようかな。


3層目完成。天井がまだですが、一応壁は完成です。
ちなみに写真には無いですが、四角い部分は2層目までとなっています。

ネザー水晶鉱山 本格稼動

ネザー水晶は結構な量が露出しているので、グロウストーン同様に、見えている分だけを採っても結構な量を確保できると思います。

ただ、個人的な性格上、地面の中の埋もれているのを簡単に残すのはちょっと歯痒いので、通常の世界の鉱山同様に、ネザー水晶鉱山を作ります。
ネザー水晶発見の旅に出た際に、旧生成と新生成のチャンクの分かれ目を知りたかったのは、その為でもあったりします。


Wikiによると、ネザー水晶は高さに関係なく生成されるみたいなので、岩盤あたりまで、掘り下げて、ブランチマイニングを開始しました。


・・・がまったく見つかりません。
正直、旧生成の場所を掘っているのかとチェックしてしまいました。



気を取り直して、通路と同じ層を掘りました。結構あっさりと発見。


とりあえず、この層から始めたいと思います。


最初の苦労はなんだったのか・・・
通常の枝堀りと同じように、3ブロック間を空け、将来の為に高さ3マスでひたすら掘り進めます。
1層辺りの面積は、とりあえず256×256くらいかな。まぁ、特に意味はありませんが。



あちーーーー。
もう溶岩を発見したら、埋めるのは諦めて、即逃げることにしましょう。

雪国の露出峡谷へ道をつなげる


丸太小屋と砂漠とを結ぶ道の中間に分かれ道を設けます。


直ぐに露出峡谷に着きますの。展望台みたいのを作ってみました。



峡谷に直に階段とかで入っていくのではなく、ちょっと迂回します。


ちょっと窮屈ですが、階段を作って、そこから地下に入り。


地下道を経由して、峡谷内に入るようにしました。



階段の上には、こんな箱物を作ってみました。
ピラミッドの塔をモチーフにしています。



この建物はクリエイティブで試作したのですが、現在雪ブロックになっているフレーム部分は悩みました。最初焼き石で作ったんですけど、どうも違う感じ。ネザーレンガだと重過ぎ。原木はちょっとカオス過ぎ。ネザー水晶の柱はいいんですけど、上品過ぎて、ここに合わないと、結局無難な雪ブロックになりました。

マイクラの日常 (8)


ネザーの駅にニョキニョキが生えました。




これは助けてあげないと!と思ったら


リア獣でした。むしろお邪魔しちゃいけませんね。




毒蜘蛛以外で、数ブロックと近いスポーンブロックはたまに見る事はありますが、モンスターハウスが二世帯住宅になっているのは初めてかも。




トロッコに乗っていたら、急に壁に埋まり、そのまま奈落にゆっくり落下するという奇妙な経験をしました。 そして、なぜか再起動したら、次の次の駅に到着していました。

1.4ネザー砦の近くに拠点を作る (4)


球体の上部分を造ります。こっちはネザー水晶鉱山方面への通路となっています。


トロッコ鉄道を通していたので、駅を作成。単線なので、シンプルながら、近くの溶岩が怖い。
書き忘れましたが、この溶岩は天然物じゃなくて、独自に設置したものです。


駅完成。



ネザー水晶鉱山方面出口からさらに階段で登った所にスペースを確保。


ネザー水晶鉱山では、副産物としてネザーラックが大量に採出されるので、そのネザーラックを焼いて、ネザーレンガにする場所を作ります。


かまどは合計8機設置しました。
最初は4機体制だったのですが、仮採掘で、結構簡単に8スタック程度のネザーラックを採ってしまうので、増設しました。

エメラルド鉱山から大陸横断鉄道を延ばす


エメラルド鉱山駅、そして少し先の橋群まで伸びている大陸横断鉄道を、先に延ばします。
延ばす先に何かあるのかというと、まったくありません。


高度を少し落とします。


今回はトーチをこんな風に設置してみました。



メインストリートと並行するように、しばらくジャングルの中を走ります。


これを


盛りました。ちょっとスクリーンショットでは伝わりづらいのですが、イメージとしては葉のトンネルの中を潜る感じでしょうか。
本当にすべて葉のトンネルにしようかとも思ったのですが、ちょっと現実的にしてみました。



この大陸横断鉄道とは関係ないのですが、拠点から地下に降りるローカル鉄道。
ここはタイマツを置いていないと、いくつ前の記事で書きました。


とりあえず、入り口は鉄柵でこのように塞ぎました。これだとトロッコでの移動は可能です。
途中でモンスターと目と目があっちゃった場合は、それはその時ということで。

NPC村付近に灯台を作る


NPC村の出た海岸沿いに良い感じの半島があります。
この半島に灯台を作ります。


土台を作ります。この土台は半分は埋まり、半分は剥き出している風にしたいと思います。


1層目。レンガ造り。


そっからニョキニョキ上に赤羊毛とネザー水晶ブロックで上に伸ばします。今回用意したネザー水晶ブロックは2スタックです。集めるの結構しんどい。


最上階はレンガにガラス窓付き。


ちょっと離れた場所から見るとこんな感じです。灯台っぽくなったかと思います。きちんとした灯台は街拠点にあるのに続いて2つ目になります。



こちらは炎を光源にしたいと思います。


いろいろ細部を調整してこんな感じになりました。
途中でネザー水晶が予算オーバーになり、泣く泣く掘りにいきました。



こっちは下に明かりを置いていないので、結構目立って良い感じになりました。

ネザー水晶鉱山への道を整備


球体拠点からネザー水晶の鉱山予定地まで道を繋げたいと思います。


途中の溶岩の滝は、途中で仮止めして。


チューブ状にした後に解放させました。



通常の通路と同様にタイマツを設置しようと思ったのですが、ネザーではあってもなくても同じなので、今回は付けないことにしました。
代わりに、ネザーラックが近い部分は火を多めに付けてみました。


あまり遠くは無いのですが、結構往復することになりそうなので、早々にトロッコ鉄道を開通させました。

エメラルド鉱山の地下空洞との正面入り口 (3)

前回、階段を綺麗に整えました。今回は階段と寺院を繋げます。


今はこんな感じで、まったくそれっぽさがないですね。



拡幅して、こんな感じのオブジェをいくつか設置。




あと、前々から思っていたのですが、寺院って苔丸石の割合が多すぎます。贅沢は敵なので、回収。あと見えない部分からもごっそり採ります。



通路に苔石とツタを配置して、こんな感じになりました。


階段の上の方も、こんな感じに汚れを出してみました。
プロフィール
【名前】
てんやわんや街長 (ちょうちょう)

【マイクラ暦】
2011年5月~ (PC版)

【メール】
zombiepigmanblog@gmail.com

【ツイッター】
@ZombiePigmanNow


サバイバルモード、バニラ(MOD未使用、デフォルトテクスチャ)、チート無し でプレイしています。
そのほかゲームのスタイルやコンセプト、ブログ運営等についてはこちらをご覧下さい。

基本的にブログは毎週 月・水・金 に更新しています。
コメント返信はちょっと遅れて土日とかになる事が最近は多いです。

ブラウザの横幅を広げると、大きい画像でご覧いただく事ができます。
ピックアップ記事
【これまでの開拓まとめ】
1~100 / ~200 / ~300 / ~400 / ~500 / ~600 / ~700 / ~800 / ~900 / ~1000 / ~1100 / ~1200 / ~1300 / ~1400 / ~1500 / ~1600

【ミニテクニック関係】
開発 1 / 2
作業 1 / 2
採掘 1

【レッドストーン回路関係】
回路解説 1 / 2 / 3 / 4 / 5
トロッコ&駅 1 / 2 / 3

【その他】
バックアップ方法
破損データ修復方法
バナー(旗) 関連記事一覧

エイプリルフール ネタ(2012年) / 1周年記念 / 2周年 / 3周年 / 4周年 / 100万アクセス記念 / 200万 / 250万 / 500万 / 1000万 / 1500万 / 2000万 / 2500万 / 3000万
記事検索
最新コメント
Twitter
メッセージ
その他
当サイトの、建築、アイディア、駄洒落、そのほか参考になるものがあれば、ご自由に使ってください。

ブログ、動画等での紹介はご自由にして頂いて構いません。連絡いただければ、喜んで見に行かせて頂きます。

当サイト掲載の画像は、特に断りが無い場合は、ご自由に転載して頂いても構いません。


http://マイクラ.com でもアクセスできます。


【著書】

できるマインクラフト建築
2016年6月24日 インプレス


 
QRコード
rssRSS
  • ライブドアブログ