自宅の対岸に作成中の第二実験所ですが、さほど遠くないので、行き来には苦労しないのですが、砂や丸石など大量の資材を運ぶのも面倒な上に、ここで大量のガラスを使う予定なので、どうせならと、仮拠点を作りました。


地下の空洞の隅っこに設けました。かまどは二台体制で、砂を取ったら、即精錬。


地下空洞は、当初の計画になかったので、埋めてしまおうかと、迷ってたのですが、この際、地下実験所として使うことにします。


まだ、整地し終わっていませんが、全体の敷地はこんな感じ。