予定通り、崖の下、というか崖の中に駅を作りました。結構トロッコ鉄道を敷設している気がしますが、まともな駅は街にある中央駅以外は初めてだったりします。


物凄く小さな駅ですが、木がコンセプト的な感じでにして、特色を出してみました。


さて、駅の構造ですが、このトロッコ鉄道は終点ではないので、スイッチバック方式で、次の駅に進むのと、街の中央駅に戻る分岐を作ります。


ボタンは上と下に一つずつで、出発ボタンと分岐の方向指定が同時に機能します。上が 上り、つまり本拠地の街に帰るためのボタンです。下が 下り、まだ作っていませんが、本拠地からさらに離れた所に作る駅にします。原則、大陸横断鉄道はこの方式で統一する予定です。