前回、谷の奥まで鉄道を敷きましたが、この駅の次は作りません。


実は湖畔駅の少し先の曲がった場所、ここに分岐を作ります。

つまり、谷の奥まで行った電車は同じルートをここまで戻り、この分岐から次の駅に向かうことになります。

谷の奥から別ルートを這わせても良かったのですが、これだ!というルートが無かったので、どうせなら面白い谷ルート往復の方がいいなと思った次第です。


さて、湖畔の分岐の先は、しばし地中を進んだ後に、左に折れ、このタイマツの直線上をまっすぐ進みます。


何にも書く事無く無事に開通。


この砂山はトンネルを掘ります。エンチャントしたツルハシが余っているので、それを駆使。


抜けました。ちょうど、「海の上を走る列車」プロジェクトの黒曜石で作った軌道が見えます。
南西地方鉄道は、向こうには行かずに、ここを北に直角に曲がります。


ちょうど海の上を走る列車と平行しますが、こちらから向こうは見えても、向こうからこちらは分からないように、段差を作っておきます。


かなり持ってきたパワードレールが尽きたので、今回はこの辺で。