ちょっと大きめの木造建築を建造 (5)』でホテルを作ったわけですけど、スイートルームでも大きさ的に制約が出てしまい、かなり妥協を強いられました。そこで、今回は豪華ホテルを作ることにします。



場所は、この浜の脇です。およそ28×28の敷地を整地します。建物で、このサイズはトラップタワーを除くと、初かと思います。


普段あまり整地しないので、これだけの範囲でも、結構しんどい。


とりあえず、例によって丸石で基礎作り。ご覧の通り、3×3の組み合わせになっています。大きな建物を作るときは、このようにした方が想像しやすいってのを、浮遊庭園を造る時に学びました。



とりあえず全体のイメージを作るために、まず前面だけ作成。基本のブロックは豪華に雪ブロックとします。かなーーーり沢山の雪ブロックが消費される予感で、たぶんストック分だと足りないので、雪採取所もフル稼働しつつ作っていきます。


なお、今回の日記は主に外装と骨格のみを扱い、次回内装を扱います。ただ、ここから先は、雪ブロックの生産上の問題で内装も同時製作している関係で、スクリーンショットには内部も写りこむと思います。そこは見なかったことにして下さい。



(筆者撮影)
ちなみに、この建物はモデルがあります。シンガポールの豪華ホテル、ラッフルズです。実際に行って、写真を撮ってきました。もちろん、完全再現は出来ません(そもそも本物は3階建てですが、こっちは2階建てですし)。



ロビーの両サイドに階段を設けています。基本ブロックは雪ブロックですが、コントラストのかなり強い、ネザーレンガも積極的に使っていきます。


天井の一部をセット。エントランスと中央の吹き抜けは天井に丸みを持たせて高くします。


裏側は両サイドに階段を設置。内装を作るのが面倒だから、って理由はないですよ。ないですよ。



また、整地した際に小山だったため、地面が石だったのを砂に差し替え。穴が空いてる所は別の案があるのでそのまま。


面も天井付近を除いてほぼ出来てきました。両端は階段がある為部屋にならないので、飾り窓です。


いくつかの区画は、地下室を作りたいので、掘ります。


床を張ります。床は基本的に羊毛ブロックにします。いろいろ考えたのですが、これが無難かなと思った所。


屋根も設置。地味に雪ブロックを節約してるのが見て取れますね。