本記事は、バージョン1.3 の正式版の変更点のまとめ記事です。
時系列順に作成した 開発版(Snapshot)のまとめ記事 を新たにまとめ直しています。

注意 本バージョンでは内部システムが大きく変更されました。なるべくバックアップを取ることを強くお勧めします。 また、筆者自身はそれほど感じていないのですが、環境によっては著しくパフォーマンスが低下する現象がツイッター等で見受けられます。念のため、バージョン1.2.5のシステム自体もバックアップしておくといいかと思います。

全てのバージョンアップの内容を記載している訳ではありません。マルチ関係や、細かなバグ修正などはスルーしていることが多いのでご了承下さい。スクリーンショットは開発版のを使っており、正式版と一部異なる場合もあります。

記事内にて、新しく出来た人工物の中身のネタバレはしていません(外観のみ載せています)。

内容の変更点や新規要素が分かった場合、また新たなリビジョン(1.3.1とか)がリリースされた場合はこの記事にて随時追記していきます。

・7月27日 バージョン1.3.0 プレリリース版
・8月1日 12時 一部追記
・8月1日 22時  バージョン1.3.1 公式版 一部追記
・8月16日 23時  バージョン1.3.2 公式版 追記といくつか内容を訂正

1.3.1 NPC村人と商取引が出来るようになった
クリエイティブモードのインベントリが改良
チートコマンドとボーナスチェストの搭載
原木を回転させて設置できるようになった
ワールドタイプに大きなバイオームが追加
新人工物「ピラミッド」と「寺院」が追加。NPC村も一部変更
経験値とエンチャントが大幅に変更
本に文字を書き込めるようになった
カカオの実の登場、栽培も可能に
便利なエンダーチェストの追加
その他の新ブロック/アイテム
既存のブロック/アイテムの変更
レッドストーン回路関連の変更
上下逆設置のブロックの仕様が一部変更
テクスチャ/表示の変更
プレイヤー/モブの動作や挙動等の変更<
操作/設定などの変更
内部システムの大幅な変更
「アドベンチャー」ゲームモードを実装
その他
FAQ:よくある質問と回答
1.3.2
NEW
自然のオークの巨木に横向きの原木が使われるようになった
バグ修正
編集後記
画像転載について

本記事は下記のサイトを参考にさせて頂いております。
Minecraft Wiki - Version history/Development versions
Minecraft Japan Wiki - パッチノート
○○のメモ帳 - Minecraft 1.3 更新予定内容まとめ

NPC村人と商取引が出来るようになった


今までちょろちょろ動き回るくらいしか脳の無かったNPC住人と、物の売買が行えるようになりました。エイプリルフールネタじゃないですよ。

村人に右クリックすると、取引画面が表示されます。村人によって売りたい物、買いたい物が異なります。また、人によっては三角ボタンを押すと別のに切り替えられます。
物々交換は出来ずに、新しく登場したアイテムのエメラルド(右画像、詳しくは後述)にして売買を行います。
3回~15回ほど、同じ取引を行うと、その商品は品切れになってしまいます(紫のパーティクルを放つのが目印。また、別の商品を繰り返し取引すると復活します)。

ほとんどの村人は1:1ですが、稀に2:1で交換する相手もいます(今の所、紫色の住人だけのよう)。交換と書きましたが、エメラルド+α で α を強化するみたいな考え方もできるかも知れません。スクリーンショットのように、剣とエメラルドでエンチャント付きの件に交換してもらえます。嬉しい事に、エンチャント後の効果も事前に分かります。


通常では手に入らないチェーン装備なんか見つけました。


クリエイティブモードのインベントリが改良

UIのタブ化


今まで雑然と並んでいて探すのが非常に面倒だったクリエイティブモードのインベントリが改良されました。
ご覧のようにタブによって種類別にカテゴライズされました。

サバイバルタブ


右下のチェストアイコンのタブを開くとサバイバルタブが表示されます。

作業台やチェストを開いた際のインベントリ画面と同じものが表示可能になりました。
この欄から、防具の装備やクラフティングを直接行うこともできます。
右下の×欄はゴミ箱です。

その他便利機能


右上のコンパスアイコンのタブを開くと従来と同じインベントリが表示されます。
検索を行うことも出来ますが、日本語環境では不具合が生じるようです。

また、アイテムスロット上にアイテムを捨てる場合、シフトキーを押しながらクリックでも行えるようになりました。

追加されたアイテム/ブロック


後述する1.3で追加されたアイテムとブロック以外に、下記のブロックがクリエイティブモードのインベントリに追加されました。
・エンダーポータルフレーム(実際にジ・エンドに行くことも可能)
・雪(ブロックではなくて降った時に積もる薄い奴)
・シルバーフィッシュたんがスポーンする丸石や石ブロックレンガ
・その他、単に忘れていたらしい、生魚やサドル、牛乳入りバケツ、あと各種染料とポーション


原木を回転させて設置できるようになった


今まで原木は縦方向に伸びるだけで、枝のように横に並べて表現しようとすると木目や年輪の為に、とても残念な見た目になっていました。
今回から、原木は種類を問わず、向きを変えて設置できるようになりました。

設置方法はピストンの設置と同じです。
なお、自然に生える巨木の枝は今のところは適用されていないので、現在の所は人工的に設置する場合に限ります。


チートコマンドとボーナスチェストの搭載

チートコマンドの搭載


裏技的なことが可能なチートコマンドが搭載されました。

チートコマンドの実行方法は、キーボードの t ボタン(デフォルト時)を押して、チャット欄を表示させた後に、コマンドを文字で入力します(先頭のスラッシュは必須です)。
例: /gamemode 1 /gamemode モード番号
ゲームモードを切り替えます。
モード番号はサバイバルモードが 0、クリエイティブモードが 1、アドベンチャーモードが 2 です。
※アドベンチャーモードは後述

例: /tp MrExample 128 64 -256 /tp プレイヤー名 X座標 Y座標 Z座標
指定プレイヤーを指定座標にテレポートさせます。
※Y座標が高さであることに注意して下さい。小さい値にすると埋もれます。
また、シングルプレイでも、プレイヤー名の名前は必須です。

<8月16日 座標の記述方法が間違っていたのを修正しました>


例: /give MrExample 86 32 /give プレイヤー名 アイテムID
指定のアイテム/ブロックを取得します。
※アイテムIDはプログラム上で管理された番号で、公式Wiki等を参照

例: /xp 200 /xp 経験値
指定した経験値を取得します。

例: /time set 18000 /time set 時間 または /time add 時間
ゲーム内の時間をセット(set)または追加(add)します。
ゲーム内時間の1時間は 1000 で、例えば正午にしたい場合は /time set 12000 とします。

/kill
自殺します。

/toggledownfall
雨や雪が降っている状態とを切り替えます。
例えば、晴れの際は雨が降り、雨が降っている場合は止みます。

/debug
デバッグ用に作られたコマンドです。ほとんどのユーザーは関係ないと思うので、ここでは省略します。
入力が手間な場合、/ の後にタブキーを押すと表示されます (何度も押すと切り替え)。

チートコマンドはワールド新規生成時にの「その他のワールドの設定...」にて、オンにしておかなくてはなりません。デフォルトではオフになっています。
なお、既に作成済みのセーブデータでは、サバイバルモードの場合はオフ、クリエイティブモードの場合はオンになっています。

また、チートコマンド設定がオフでも、下記のコマンドは受け付けます。
/seed
シード値を表示します。
※本バージョンからシード値はデバッグ画面では非表示になりました。

ボーナスチェストが追加

いままではワールド新規開始時は、裸で何も持たずに生まれてきましたが、初期の最低限のアイテムがボーナスチェストとして供給されるようになりました(ハードコアモードは除く)。

スポーン位置の近くにあり、タイマツが目の前に置かれています。チェストの中身は、原木や木材、棒、ツルハシに斧、食料など必要最小限のもののみのようです。

なお、ボーナスチェストはデフォルトでオフで、ワールド新規生成時の「その他のワールドの設定...」にて、オンにしておく必要があります。


ワールドタイプに大きなバイオームが追加


今までスーパーフラットしか無かった特殊な地形を選べるワールドタイプに「大きなバイオーム」が追加されました。
その名の通り、一つのバイオームが従来よりも広大な範囲に広がっています。

ワールドすべてがそのバイオームという訳ではなく、スクリーンショットのように、バイオームの種類は普通にあり、それぞれの範囲が大きいようです。


新人工物「ピラミッド」と「寺院」が追加。NPC村も一部変更

今までも砦や廃坑などの人工物が追加されましたが、今回も大きな人工物が追加されました。

ピラミッド


砂漠にピラミッドが出現するようになりました。比較的高い頻度で生成されるみたいです。


まだ、筆者は中に入っていませんが、近いうちに単独記事をアップ予定です。

寺院


ジャングルに寺院が出現するようになりました。ピラミッドに比べるとかなり生成率が低いのか、ただ単に見つけづらいだけなのか分かりませんが、結構発見が難しい気がします。
こちらもまだは中に入っていませんが、近いうちに単独記事をアップ予定です。

砂漠のNPC村のデザインが変更


砂漠に生成されるNPC村のデザインが、従来の丸石、原木と木材がメインの建物から、砂岩がメインの建物に変更になりました。素材以外の建物のデザインについては、同じようです。


経験値とエンチャントが大幅に変更

エンチャントの最大レベルが変更


今までエンチャント可能な最大のレベルが50でしたが、これが30に変更になりました。
30を消費すると少なくとも2つのエンチャント効果が付く可能性が高いようです。

また、三列表示されるエンチャントの選択のうち、常に一番下が周りの本棚の数と持っている経験値でエンチャントできる最大のものが表示されるようになりました。これで無駄にマウスの寿命を縮めずに済みます。

なお、最大レベルの変更に伴い、本棚の設置も15個で足りるようになりました。

経験値がモブを倒す 以外からも得られるように


今まで経験値はモブ(モンスターや動物)を倒すことでしか得ることはできませんでしたが、ダイヤやエメラルドなどの希少鉱石を掘る事などでも、得ることができるようになりました(ちなみに、希少鉱石ほど経験値量が多いです)。
但し鉄や金など鉱石ブロックのままドロップするものは経験値は出ません。 <8月1日 12時 追記>

また、精錬作業を行うと、アイテムを取り出す段階で、経験値も一緒に得ることができます。

レベルアップに必要な経験値量が低下

レベルアップに必要な経験値量が低下しました。またレベルが上がるにつれて、次のレベルアップまでに必要な経験値量の割合も低下しました。つまり、レベル上げが容易になりました。

具体的に、下表のように変更されました。参考にレベル達成に必要な一般モンスター(ゾンビ、スパイダー、スケルトン、クリーパーさん)を倒す量も表記しておきました。

 1.2.5以前1.3以降犠牲モンスター数
レベル1022517045匹 → 34匹
レベル20800370160匹 → 74匹
レベル301725825345匹 → 165匹


本に文字を書き込めるようになった


今まで本は本棚やエンチャント台を作る為以外はほとんど意味の無いアイテムでしたが、本に文字を書き込むことができるようになりました。

まず書き込み可能な本を作ります。本・羽・イカスミを並べることで、「本と羽ペン(Book and Quill)」を作る事ができます。

持った状態で右クリックすることで、書き込み画面に移行できます。
コピー&ペーストにも対応しており(場合によってはキー設定で Commandを変更)、念願の日本語も貼り付けることができます!!!

太字や文字色の変更なども行うことができ、最大50ページまで記述することが可能なようです。



本を閉じても右クリックで書き直しすることができますが、「サイン(Sign)」ボタンを押してタイトルを入力、「署名して閉じる(sign and Close)」をクリックすると、その本は二度と変更できなくなります。 ちなみに、この処理をすると、本がエンチャントしたアイテムのようなエフェクトが付き、アイテム名に先に入力したタイトルが付きます。

将来的に中身が記述されている本が生成される人工物なんかに置かれるとのことです。


本の書き方

日本語の場合は1文字づつしか入力できないので、コピー&ペーストをお勧めします。
書式は §○~§r (リセットという意味) で ~ 部分が後述の指定書式になります。色は次の色が指定されるまで、その色のままです。黒に戻したい場合は §0 と指定します。
ちなみに § は「セクション」で漢字変換できます。

§l太字 §o斜体 §n下線
§m取り消し線
§0黒色  §1紺色  §2緑色 
§3青緑色  §4暗い赤色  §5紫色 
§6橙色  §7薄灰色  §8灰色 
§9青色  §a黄緑色  §b水色 
§c赤色  §d桃色  §e黄色 
§f白色 

例(コピペしてみて下さい):
§oクリーパー§r : §1「月が綺麗ですね」§0
§oゾンビ§r : §4Σ(゚ロ゚;)!!§0
§oスケルトン§r : §2「なんでも1.3から夜景の描写が変わったらしいからな」§2


カカオの実の登場、栽培も可能に


今までスポーンブロックの宝箱などにしか無かったレアアイテムの「カカオの実」が、ジャングルで簡単に手に入るようになりました。

新たに生成されるジャングルの木にカカオの実が成るようになりました。実の生育には数段階あり、成熟した状態の実を壊すと、数個のカカオが手に入ります。
また、ジャングルの木の葉を壊すと、稀にカカオをドロップするようになりました。


カカオをジャングルの木(他の木はNG)に設置すると、未成熟の実が付きます。これによって人工的に増やすことが可能になりました。なお、例によって骨粉を与えると早く収穫可能です。


便利なエンダーチェストの追加


新しいチェストの「エンダーチェスト」が追加されました。
このチェスト禍々しいパーティクルを放つチェストは、ワールド内のどのエンダーチェストを開いても、中身は共有になります。簡単に言えば、四次元ポケット的な仕組み、もしくはバイオハザードタイプです。

洞窟などの探索に持ち歩いてインベントリの代わりや貴重品入れにという行為を防ぐ為に、壊した場合は黒曜石8つのみドロップします(シルクタッチの場合はそのまま回収可能)。壊しても内容は保持されます。

なお、ラージチェストにはできません。また、マルチの場合は個人々々が別のチェストとなります。


その他の新ブロック/アイテム

色違いの木材の半ブロックと階段が登場



バージョン1.2から木の種類に応じた色違いの木材が出ましたが、半ブロックと階段は普通の木(オーク)のものだけでした。
今回から、色違いの木材で作った半ブロック及び階段は、その色の半ブロックや階段になります。

となると(木だけに)気になって来るのは柵や看板などの木製のブロックですが、残念ながらその予定は今の所無いようです。

砂岩の階段の追加


今まで砂岩には半ブロックしかなかったのですが、これに階段が加わりました。

エメラルド/鉱石/ブロックが追加


『NPC村人と商取引が出来るようになった』で書いた貨幣となるエメラルドですが、それの鉱石も追加されました。
エメラルド鉱石は、山岳バイオームの地下32以下にて出現します。分布率はダイヤモンドより気持ち多い程度ですが、他のブロックと異なり、複数の鉱石が固まっておらず、散らばっているのが特徴です。
例によって新たに生成された地形のみ有効です。

鉄ツルハシ以上でドロップします。ダイヤと同じように壊すとエメラルドが得られます。シルクタッチ及び幸運エンチャントが有効です。


なお、エメラルド9つで、エメラルドブロックを作ることもできます。但し、ツルハシやクワのようなツールは作ることは出来ません。 <8月1日 12時 追記>

レッドストーン回路に新ギミック登場


トリップワイヤー・フックが追加されました。

空間に向かい合うように設置し、それを蜘蛛の糸でつなぎます。この糸をプレイヤーやモブ、またはアイテムが触ると、フックと繋がったレッドストーン回路に動力が伝わるようになります。

地面の上に張る他に、スクリーンショットのように空中に設置することも出来ます。感知可能な距離は直線で40ブロックで、途中で曲げたりすると動作しません。
糸は普通に叩いても壊すことが出来ますが、その際に一瞬だけ動力が発生します。ハサミを使うと動力を伝わらせずに切ることが出来ます。

一応、見えることは見えますが、感圧版と違って、これを認識するのは難しいので、良いようにも、悪いようにも、いろいろな用途に使えそうですね。

第二の金リンゴ追加


バージョン1.1にて、金リンゴのレシピが金ブロックから金塊に変更になり、価値が大暴落しましたが、以前の金ブロックが復活しました。
金塊版が無くなったわけではなくて、金ブロックを使った旧レシピで、第二の金リンゴ(名前は同じ「金リンゴ」)が追加されたようです(スクリーンショットのテカテカしたエフェクトが付いた方が高級版です)。

美味しく頂くと、30秒間の体力回復速度向上、5分間の防御力、火炎体制アップの効果が得られます。


既存のブロック/アイテムの変更

木の半ブロックの仕様変更

今まで木の半ブロックは、内部では石の半ブロックとして扱われていた為、オノではなくツルハシで壊す必要があり、また引火性もありませんでした。1.3ではこれが木材に正しく修正されました。


それによって、ツルハシではなくオノで壊すのが正しくなり、今まで燃えなかったのが、普通の木材ブロック同様に、燃えるようになりました。

なお、バージョン1.2以前に作られた木の半ブロックは、今まで同様の石の性質を持つために、燃えません。上のスクリーンショットのように、以前に作られたものは、ラベルが木材ハーフブロックのままになっています。

本のレシピと、看板の一度に作れる量が変更


今までは紙を3枚縦に並べるだけで本を作ることが出来ましたが、本バージョンからは紙3つとさらに皮1つが必要になりました(並べ方は自由)。

また、看板は従来と同じレシピで作れる数が1個から3個に増えました。

看板と空バケツがスタック可能になった

看板と空バケツは今までスタック不可能でしたが、16個までスタック可能になりました。

水やマグマ、牛乳が入ったバケツについては今まで通り、スタックすることは出来ません。


シルクタッチで氷と板ガラスが取れるようになった


シルクタッチエンチャントで今まで取る事が出来なかった氷と板ガラスが、そのまま回収できるようになりました。


氷は昔の開発版で取る事が出来たものの、ネザーで水源化が可能ということで、封印されたという経緯があります。今回はその対策も取られ、ネザーでは溶かしても水にはならなくなりました。

かまどで燃やせるものが変更

今まで、溶岩入りバケツを燃料として利用した場合、バケツが消失してしまっていましたが、バージョン1.3からは、空のバケツが戻ってくるようになりました。

燃費は従来通り、100アイテム分なので、1回入れるだけで、約1.5スタック分のアイテムを精錬することができます。

木製のツルハシのツールが、かまどの燃料として利用可能になりました。
ただし、スタックして入れておくことが出来ないので、あまり意味は無さそうです。

クッキーの満腹度の回復量が変更

前述のカカオ豆の栽培に伴って、カカオ豆から作ることが出来るクッキーの満腹度の回復が、1/2 ゲージから、1 ゲージに向上しました。


レッドストーン回路関連の変更

前述の新スイッチのトリップワイヤー・フック以外にもいくつか変更があります。

ピストンのバグ修正と動作タイミングの変更

ピストンには元々いくつかバグというか、本来起こりえない挙動がありました。それらのバグがのいくつかが修正されました(全てではないようです)。

また、動作タイミングがほんの少しだけ遅くなりました。シビアなタイミングで複数のピストンが絡み合うような装置では、挙動がおかしくなる可能性があります。


ディスペンサーで水や溶岩を放出/収納が可能に


ディスペンサーの中に水入りのバケツまたは溶岩入りのバケツを入れて、動力を送ると、水または溶岩が放出されます(厳密にはディスペンサーの次のブロックが、水源または溶岩源になるっぽいです)。
なお、放出後は、空のバケツがディスペンサーの中に取り残されます。
逆に空のバケツが中に入っている場合は、その水源/溶岩源が無くなり、バケツの方に水/溶岩が入るようになります。

ディスペンサーでトロッコ、ボートの設置が可能に



今まではトロッコ(マインカート)、ボートともにディスペンサーに入れても、普通にアイテムとして吐き出すだけでしたが、スクリーンショットのように、レール前や水面(または水中)に置くことで、自動的に設置するようになりました。
ちなみに、設置に適していない場合は、従来と同じくアイテムとして放出されます。
なお、ボートは海底に設置しても浮いて出てくるので、面白い仕組みが作れるかも知れません。

その他


今まで、上と横にしか設置できなかったレバーが、ブロックの底にも設置可能になりました。

また、木の感圧版に矢が刺さった場合、反応するようになりました。


上下逆設置のブロックの仕様が一部変更

上下逆ブロックの設置が簡単に


今まで、上下逆の半ブロック(上側半分がブロック型、以下同)や階段は、設置する際に上に何らかのブロックが必要でしたが、今回からは隣接するブロックの上半分にマウスカーソルを合わせることで、上側に半ブロック及び上下逆の階段を設置することができるようになりました。


上下逆半ブロック/階段の上に特殊なブロックが設置可能に


今まで上下逆のハーフブロック及び階段の上には、タイマツやドア、レッドストーン回路などを設置することが出来ませんでしたが、いくつかの例外を除き、通常のブロックと同じように設置可能になりました。

なお、レッドストーン回路については仕様なのかバグなのか分かりませんが、動力の伝わり方がおかしい場合があります。

上下逆半ブロック/階段の上にモンスターが湧くように

特殊ブロックが設置できるようになった弊害なのか分かりませんが、今まで湧かなかったモンスターが通常のモンスターの湧く条件(光量7以下)でスポーンするようになりました。

なお、従来どおりの下側の半ブロック上にはモンスターはスポーンしないようです。


テクスチャ/表示の変更

テクスチャの変更


砂利のテクスチャが変更になりました。昔丸石が薄くなったときと同じように、砂利もコントラストが薄めになりました。

カカオ豆も変更になりました。

星空がリアルに


星の描写が細かくなり、夜景がリアルになり、ロマンチックな夜を過ごすことができるようになりました。

ラベルの変更


インベントリ画面などでアイテムにカーソルを合わせるとポップアップで表示されるラベルで、今まで同一表記だったものが、差別化されました。

例えば、原木や木材、苗や葉は別々の物でも「原木」「木材」などのままでしたが、これが個別の名前が付きました。ちなみに普通の木は、オークです。 木以外には砂岩や石レンガも同様です。

葉っぱから雨が滴り落ちるようになった

雨が降った際に、葉っぱから水が滴るようになりました。


プレイヤー/モブの動作や挙動等の変更

プレイヤーのノックバックの変更


クリーパーの爆発や、TNTの爆発の際に、プレイヤーが爆心地とは逆方向にノックバックするようになりました。

一方で、今まで酸欠でダメージを受けると下方向にノックバックされていたのですが、それがなくなりました。

爆発でのダメージが難易度に応じて変更


今までクリーパーやTNTの爆発力は難易度に関係なく一定で、イージーモードでも即死でしたが、今回から難易度によって異なるようになりました。
ノーマルモードで今までと同じ。イージーモードでは半減、ハードモードでは約3割増しとなりました。
ちなみに、ハードの場合はダイヤの装備でも2ライフダメージを受けるみたいです。
なおピースフルの場合、TNTで爆破しても、ダメージを受けなくなりました。

動物がドロップするアイテムが少し変更

今まで牛は必ず肉をドロップしていたのに対して、豚は肉をドロップしない事がありましたが、常に1個から3個の肉をドロップするようになりました。

白い羊を燃やして殺すと、、稀にグレーの羊毛をドロップするようになりました。


その他

プレイヤーとモブがあまり反発しなくなりました。

プレイヤーがトロッコやボートから降りる際に、それらの上ではなく近くのブロック上に降りるようになりました。

プレイヤーが毒の状態の場合、シルバーフィッシュがより多く出現するようになりました。これは将来的な罠の布石なんでしょうかね。

筆者未確認ですが、極稀にネザーのポータルからゾンビピッグマンが普通の世界にスポーンするようになったみたいです。

クリエイティブモードのスポーンエッグから生まれるNPC村人の職業がランダムになりました。

ゾンビがNPC村のドアを破壊する際に、プレイヤーが破壊する時と同様にヒビが入り、あとどの程度で壊れるかが、分かるようになりました。


操作/設定などの変更

一度に掘れる/設置できる範囲が伸びた


プレイヤーから掘れたりブロック等を設置できる範囲が従来の4ブロック目から5ブロック目に広がりました(クリエイティブモードと同じ距離)。
スクリーンショットは中央の位置から掘れる距離の比較です。

シフトキーで操作できる場面が増えた

バージョン1.2.5からかまどに材料を入れる際にシフトキーが使えるようになりましたが、バージョン1.3からは、さらに増えました。


インベントリ画面内において、ヘルメットやズボンなどの防具は、自動的にその装備場所に移動します。

ポーションの調合台においては、瓶などが下側、ネザーウォートや各調剤が上側に自動的に移動します。

ボートの性能が向上


まず、今までボートは使い捨てで、壊すと棒と木材に分解してしまいましたが、バージョン1.3からは、自分で壊した場合はボートのままアイテム化します。
なお、ぶつかって転覆した場合は、従来通りです。

今まで湿地帯に生息する睡蓮は、機雷の如く、ボートを破壊尽くしてきましたが、本バージョンより、ボートをぶつけると、逆に睡蓮の方が壊れ、アイテムとしてドロップするようになりました。

さらに -と言っても筆者はあまりボートに乗らないので具体的にどれほど変更されたか分からないのですが- より早く、より操作しやすくなったようです。脆さは相変わらずのままです。

トロッコの加速、減速を操作可能になった

トロッコは自分で押して、それにダイナミックに飛び乗るか、レッドストーン回路などを用いて駅のような仕組みを作らなくてはなりませんでしたが、今回から停止したトロッコに乗り、前に進むキーを押すと、トロッコが加速します。また、後ろに進むキーを押すと減速します。
但し、加速度はえらい遅いので、ブースターレールの設置の必要性は変わりません。

草や小麦、サトウキビを壊す速度が速くなった

草や小麦、サトウキビなどを刈る速度が、今までが手作業だとしてら、もうチェンソーで刈っているかの如く、猛スピードになりました。これは癖になりそうです。 <8月1日 12時 追記 コメントでご指摘ありがとうございます>

オプションメニューが変更


設定にて、チャットの表示内容や色、透明度が変更できる画面が加わりました。シングルプレイでも設定できます。

また、一部配置が変更になっています。

クリエイティブモードでの操作性の改善

クリエイティブモードで、剣などの道具の耐久度が無くなりました。また、マインカートやボートを渾身の一撃で撃破できるようになりました。

デバッグ画面の変更

座標が今まで小数点以下の桁数が意味も無く多かったのが、省略され、見易くなりました。

また、Y座標(高さ)で従来は目の位置だったのが、それに加えて足の高さの座標も表示されるようになりました。デフォルトでYが足の位置、カッコ内に従来の目の位置となりました。
<8月16日 表記が逆だったので訂正しました>

新たに g、ws、fs が追加されました。g は何かを何かに乗っていれば true、ジャンプ中など宙に浮いていれば false 、ws、fsは歩いている時の速度と飛んでいる時の速度です。

一方で、前バージョンではデバッグ画面にシード値が表示されていましたが、削除されました。代わりにチャット画面にて /seed と入力することで、シード値が表示されます(チート機能がオフの場合でも有効)。


内部システムの大幅な変更

実際に目に見える形での変化はさほどないのですが、大幅に内部構造を変更した模様です。

サーバーとしての動作化

特に大きな変更として、シングルプレイでも、マルチプレイのような環境(1人でサーバーに入っているような扱い)となりました。
今まで、マインクラフトはシングルプレイとマルチプレイで別々のプログラムだった部分があったのですが、それが統合された為、今後の公式またはMODの開発がスムーズになる見込みです。

シングルでもLAN経由で招待可能に

LANで接続されている場合、マルチでなくシングルでも自身のワールドに人を呼ぶことができるようになりました。

XBOX360版がネットワークを介さずに4人まで遊べる機能が付いているので、それの逆輸入ともいえなくもありません。別にPCが必要ですが、家族や友達を招いてのプレイの敷居が今までよりはるかに低下しました。

招待するユーザーのゲームモードは指定できます。例えばアドベンチャーモードで招待すれば、何かを壊すことが出来なくなるので、鑑賞向けです(但しチェストのアイテムは盗まれるかも)

また、別PCが必要にはなりますが、定点撮影など、動画や静止画撮影に一味加えられるのではないかなと、個人的には思っています。<8月1日 12時 追記(XBOX360以降)>

エラーレポートを開発元に送信するようになった


強制終了時など予期せぬエラーが発生した際に、開発元の Mojang にエラー内容や環境情報を送信するようになりました。
送信内容は、設定の「Snooper Settings...」で見る事が出来ます。
送られる情報は匿名ですが、同ページにて、送信をオフにすることも出来ます。

「アドベンチャー」ゲームモードを実装

サバイバルモード、クリエイティブモードに並んで、アドベンチャーモードが実装されました。

アドベンチャーモードでは、ブロックやアイテムを壊したり、設置することはできません(タイマツ及びバケツ等も)。ドアやレッドストーン回路の各種スイッチ類の操作、村人との取引、食事は可能です。

このアドベンチャーモードはまだ本格稼動ではなく、変更があるそうです。移行方法はチートコマンドにて /gamemode 2 と入力することで変更できます。


その他

ネザーウォートがネザー以外の通常世界やジ・エンドで成長するようになりました。

大釜に雨が当たると、ものすごくゆっくりと徐々に水が貯まるようになりました。

ジ・エンドの空の色も変わったようですが、頑張って比較してようやく分かる程度にしか変わっていません。

麦や草花、レールなど、水を真上から流すとアイテム化せずに消失してしまう問題が修正されました。

クリエイティブモードで、ピックブロックキー(デフォルトでマウスのホイール)を利用した際に、同じブロックが取れない場合があったのが修正されました。

フィールド上にばらまいたアイテムは、同じ種類の場合は自動的にまとまるようになります。例えば丸石を10個投げた場合、見た目は1個、取ると10個な状態になります。
恐らくパフォーマンス改善の為の処置だと思います。<8月1日 12時 追記>

地形生成が若干変更されました。主に山岳バイオーム以外にも丘がよく生成されるようになったみたいです。

マルチでテクスチャーパックを採用している場合、個別にそれらを適用する必要が無く、自動でダウンロードされるようになりました。

マルチプレイでいくつかコマンドが追加されました。

その他、多数のバグ修正、パフォーマンスの改善等が行われました。

バージョンアップの内容ではありませんが、MODの公式対応や光源バグの修正は、次期バージョンの1.4に持ち越されました。
MOD APIに関しては一般ユーザーが利用可能になるのは、バージョン1.4以降かと思いますが、既に1.3でMODのAPIが導入され、それらを利用したMOD開発は可能になっているみたいです。<8月1日 12時 追記>

例によって Herobrineさんが、削除されました。 <8月1日 22時 追記>


FAQ:よくある質問と回答

1.3.0 は? <8月1日 22時 追記>

公式バージョンでは1.3.0は欠番になりました。
プレリリース版の時点で1.3.0はあったのですが、主に MOD の API の修正だか仕様変更が行われ、それに伴ってバージョンアップされました。
通常のプレイ上で 1.3.0 と 1.3.1 の違いはないようです。

今回のバージョンアップで軽くなったの? 重くなったの? <8月1日 12時 追記>

人によるみたいです。

なぜかというと、開発の経緯を少し説明する必要があります。今回のアップデートでは前述のようにシングルプレイがマルチプレイのシステムと統合されました。それに伴って、開発版では一時期、非常に重くなってしまいました。その後、さまざまな改善がなされ、公式版に至ったわけです。
問題は、“さまざまな改善”で、これがユーザーのプレイ環境に依存する部分が大きいようです。つまり極端に書けば、あるユーザーは劇的に改善し、あるユーザーはほぼ改善しない、ことがあるみたいです。前者は、バージョン1.2.5以上に軽くなり、後者は1.2.5より重くなってしまうという現象が生じてしまっています。
筆者もそうですが、多くの人はプラスマイナスゼロもしくは、多少の差異だけのようです。

MODの対応が厳しいのでは <8月1日 12時 追記>

今回のバージョンではかなり大幅に変更されたため、MODでの修正点も少なくないと思います。特にシングルプレイでシステムに大きく干渉しているものは、修正に時間がかかるかも知れません。

ただ、今回のバージョンアップさえ乗り切れば、今後はシングル/マルチの差異をあまり考える必要が無くなり、開発の効率化に繋がると思われます。
また、今回のバージョンアップでまだ一般ユーザーは利用できないものの、MOD API が導入されました。これによって、MOD開発環境自体は大きく向上すると言えるでしょう。
公式MOD API仕様に沿ったMODでしたら、例えば、(必ず保障されるわけではないでしょうが)、今後マインクラフト自体のバージョンアップの際に、MOD自体を直す必要が無く、そのまま使うことが出来るようになると思われます。

クリエイティブで追加されたブロックって意味あんの <8月1日 12時 追記>

クリエイティブモードで、シルバーフィッシュたんがスポーンするブロックや、ポーションなどが追加されました。
クリエイティブモード = 建築 という考え方が一般的かと思われますが、開発側からすると、アドベンチャーモードのマップ造りにも活用してもらいたいのだと思われます。

既に開発が始まっている1.4系では、これに増してマインクラフト内でさまざまなコマンド(例えば、「プレイヤーにアイテムを与えよ」など)を実行できるブロックが導入され、MODを利用せずとも自由度の高い仕組みが作れるようになります。

将来的にアドベンチャーモードのマップの配布や、サーバーの公開なんかが行われると予想されます。


【1.3.2】自然のオークの巨木に横向きの原木が使われるようになった


1.3.1 の正式版間近でまさかの追加要素さった横向きの原木でしたが、1.3.1 では人工的に設置されるもの以外は、従来通り縦向きのままでした。
今回、自然に生成されるオークの巨木の枝も、横向きになり、より自然になりました。
(この内容は1.4スナップショット12w32aで追加されました)


【1.3.2】バグ修正

クラッシュするなどといった重大なバグなどが修正されました。
具体的には、ネザーポータルで移動した際に、ポータルの地下に落ちてしまう状態が、壁の中にいるといった状態が直りました。
なぜか謎のダメージを(水中で?)受けるバグが修正されました。

編集後記

今までバージョンアップの記事はスナップショット(開発版)が出る度に追加しており、それを再編集することは無かったのですが、今回は初めて項目別に作り直してみました。いかがでしょうか?

今回のバージョンアップは過去最大の長さになり、また驚かされる内容が多かったです。 開発版は初期の段階では主だったものがほとんど無く、マイクラの発展もスローペースになっていくのかなぁ、と思ったら、まったく逆でした。
個人的に一番びっくりしたのは、私がエイプリルフールネタにしたものが搭載されちゃった件ですね。
あと、もう新要素は無く、プレリリースを待つだけという時点で搭載された、原木の回転設置ですね。これは開発者が事前に公開したスクリーンショットを見たときに、雄叫びを上げそうになりました。
残念というか、まぁ仕方ないね、という変更として、木のハーフブロックが燃えてしまう変更や本の作成に皮が必要になる件もありますね。

シングルプレイのシステムがマルチプレイと統合された事で、重くなったという意見がツイッター等で見受けられます。私の環境ではさほど重くはなっていないのですが、偶に変な挙動になったりもするので、早めに安定してほしいとは思います。
ただ、システム統合は公式MOD対応や今後の発展の為には、避けては通れない問題だと思いますので、多少の不具合は残ったものの、過去の負の遺産に片が付いたと、ポジティブに物事を考えた方がいいのかも知れませんね。

画像転載について

このブログ記事内のスクリーンショットについては、特に記述が無い場合、自由に転載して頂いて結構です。転載の際には、出典元としてこの記事またはブログトップページへのリンクもしくは、URLの表記をお願い致します。