マインクラフトでは、まれによく空中に浮いている浮遊大陸が生成されます。マイクラの醍醐味の一つですね。今回は、ちょっとしたアイディアが浮遊大陸の如く浮かびました。それを実現するのに適した天然の浮遊大陸が見つからなかった為、自分で作っちゃおう、という回です。


後に実施するアイディアを実現するには、山に囲まれたような感じの立地が必要です。いろいろ悩んだところ、北大陸の未開の奥地に白羽の矢が立ちました。


NPC村との中間あたりです。NPC村からも北々地方を経由せずに北大陸にメインストリートを延ばそうと考えていたので、一石二鳥かも知れません。


高さをいろいろ調整しつつ、暫定的な足場を作り、まずは一番下のブロックから設置。


ここで石をケチると、いろいろ逆に面倒になりそうなので、明らかに不要な場所を除き、石でガツガツ土台を作りました。


非常に面倒極まりないですが、何度も周りや地上に降りて確認します。


結構大きくなり、この辺りで最終的な島の造形を考慮しつつ広げていきます。
ちなみに、中身は空っぽです。ただ埋めるのが面倒なだけで、ここに何かを作ろうという計画はないです。


岩場の上には土の層を盛ります。


どの程度の厚さにしようかとか結構悩みました。とりあえずこんな感じかな。