2階の最後の4室を作ります。ここも閉架式の蔵書室ですが、1階の一般蔵書室と違い専門的なアカデミックな感じの部屋にしたいと思います。


まずは正面側の2室から。いつも通り、土で部屋割り。


本棚を配置。今回は壁を4段、真ん中あたりの部屋を2段にしました。


専門司書がいるカウンターを配置。


小さめの閲覧所を設置。ちょっと調べるならここでといった感じでしょうか。
あと、右側に今までとは別の感じの照明を配置。理由は


このようにシャンデリアを設置している為です。


対称の部屋はこんな感じです。



もう2つの対の部屋も部屋のデザインコンセプトは同様です。


この部屋はテーマがあり、美術関連の蔵書室です。


その為に、室内にも絵画が飾られています。



対称の部屋も同様にテーマがあり、こちらは地図です。バージョン1.3以前に作られた旧仕様の地図を展示しています。


他にも地図を張る予定ですが、まだこの記事を書いている段階では作っていないので、後日追加します。


一応、これで2階分の20エリア全て作り終わりました。長かったと思いますが、実際に作るのも長かったです。蔵書室自体を作るのは何の苦もないのですが、各部屋で差別化を図る、というのが結構難しく、平均的に、どの部屋も2パターンくらい作っています。