最終調整をします。


世界を作っている最中、魔女の家をどうしようか結構悩みました。


結局、改造は最低限にして、そのままにすることにしました。



ツンドラバイオームと森林バイオームの間の道を塞ぐようになっていた池には


小さな橋を架けました。



山岳バイオームの裏は張りぼて丸見え構造です。既存のバイオームと繋げようか迷ってそのままだったのですが、


無難に石で塞ぎました。



今回はほぼ野外活動で夜が来ると直ぐに寝たために、仮拠点を作らなかったので、魔女の世界の脇に資材を放置していました。


拠点に持って帰るのも面倒だったので、山岳バイオームの中に移動させました。



最後に、魔女の世界と普通の世界の境界である正円のマーキング


7割方を、かなり貯まっていた苔丸石に変更


ガラスで数ブロック囲みました。
実は半球にするという案もあったのですが、あまりにガラスを大量消費するので、諦めました。
ちなみに、これでも1ラージチェスト弱くらいは使っていたりします。


一応、魔女バイオーム作りは終了です。次回、全景を紹介します。