後先考えずに建物を立てると、こういう使途不明な空間が生まれますよね。今回はここを埋めるべくドナドナ装置を作ります。


貨車部分。車輪が回らないように見える場合は、まだマイクラ脳に成りきれていません。


屋根を付けて、


荷馬車の完成です。



あれ1台だと寂しいので、一回り小柄な荷馬車を作成。


こんな感じにしてみました。



えっ、まだ寂しい。なら西大陸の街の近くの馬車小屋の近くにも作成。
馬が街に入れないという設定を作っちゃったので、ここで荷降ろしをする感じ。


ええっ、もう一声?、仕方ないですね。バザールにも設置しました。
ちょっと ネタ 品 切れなので、1台は空っぽですが。