バージョン1.6で麦俵が追加され、これは和風の藁葺き屋根にに活かせる、と1億日本人マインクラフターは思ったことでしょう。私も思い、実際に茶屋では藁葺き屋根を作っています。
でも、ちょっとこのブロック違うんですよね。明るすぎるというか、

あるとき、外国人の建築を動画で見ていた時でした。まったく藁葺き屋根とは関係ないうえ、和風でも無かったのですが、あれ、これ藁葺きっぽくね?とヒントを得、実際に作ってみることにしました。


場所は、西の大小麦畑からエメラルド山岳区の間にある盆地です。


とりあえず、壁が完成。1段なので壁と言っていいものか微妙ですが、


屋根を作ります。藁葺きの代わりに使った素材は、遥か昔から存在する樫の原木です。
白川郷などの合掌造りを見習い、かなり勾配は大きく取りました。


一番上に、申し訳ない程度に麦俵を追加。
側面の壁はダークオークとネザークオーツの柱です。


いろいろ整えてとりあえず外観は完成。
なんとなくそれっぽくないでしょうか?原木だ!と強く言われると、まったく反論できませんが。



一回り小さい版も作りました。


同じのをもう一つ作り、この一帯を小さな集落っぽくしていきたいと思います。