倉庫の内装を作っていきます。


チェスト付きトロッコから中身を取り出したら帰す機構は同じ。


アイテム分別機構を付けます。
今まで何度か自動アイテム分類の機能を作ってきましたが、動作させる為には同じブロック(アイテム)が82個必要でした。さすがにダイヤ82個を殺すのは勿体無いということで、節約型を探したら見つかりました。
ニコニコ動画より『【Minecraft】高級素材向けアイテム仕分け装置(HC方式)【1.7.10】』です。このタイプの場合、なんと1つで済みます。大変感謝です。


ただし、どうしても今までの物に比べるとサイズが大きくなってしまいます。
最初の設計で収まらなくなってしまったので、丸石・土・砂利・その他は前回最後の1枚で作った、別棟へ移動させます。
この移動も実は簡単ではなく、YouTubeより『1.8 Loading and Unloading Bay 100% automatic [Minecraft Tutorial] 』を参考に、トロッコが(条件があるものの)いっぱいになったら自動発信する装置を組みました。


とりあえず、10種類がこの建物で分類されます。




別棟の方。


同じくトロッコの中身を取り出す機構と、自動分別装置を作成。こっちの分別装置は旧来の省スペース型です。


こんな感じになりました。丸石は3ラージチェストではすぐにいっぱいになるかも知れません。




外側もちょっと弄って完成。