第四シーズン初の実用装置は、自動カボチャ回収装置です。
実はこの記事は、第三シーズンに入れる予定だったのですが、記事のスケジュールの都合上、今回になってしまいました。ちなみに2014年の7月に完成してました。


場所は焼却炉の隣で、サイズが8×9とかなり小さめです。
結構キツキツなので、回路を先に組んでおきます。ちなみにこのチェストの配置だと左側が意味がありません。


1層目。
日照センサーで1日1回、下から押し上げてカボチャをドロップ化させ、さらに押して中央部分に落とすという、わりとありふれた仕掛けです。


ギャーー、、土と間違えてグロウストーンを設置してしまった!!


そんなこんなで2層目も完成。


とりあえず、石レンガ系で囲みました。


そして、いつもより念入りに破壊 最終調整して完成。