美術館の内部を紹介していきます。
この美術館はバナー専門美術館とします。今まで作ってきたバナーをここに張っていきます。


建物の両ウィングが出入口になっています。街立美術館なので、入場料は無料です。
バナーはこの美術館のロゴです。モデルとした美術館がダリのコレクションで有名なので、ダリっぽいクリーパーにしてみました。
超貴重なクリーパーの頭を使い、さらに別途利用しづらい特定の建築物専用のバナーに使うのはかなり抵抗感があり、他にも考えたのですが最終的にバナーの美術館に相応しいものとして、これに決めました。
美術館の名前は、ダリーパー美術館 にしましょうか(今思い付いた)。




1階の展示室。各テーマによって部屋を分けています。


実際の旗を真似た2階のバナー展示室は、もう国旗でいっぱいになりつつあります。

合計8部屋ありますが、その他の展示室は冗長になるので、折込記事に収納しています。



中央の吹き抜けは、ミュージアム カフェがあります。
私は基本的に壁をベタで作ることはめったにないのですが、このベタは変にラインを入れるよりこのままでも有りかなぁ、と思っています。その為に、展示室の内壁1ブロック犠牲になりました。


ミュージアム ショップ。
旅行先とかで行く、ミュージアム ショップはテンション上がりますよね。


外観もいろいろ調整。
本当はナザー水晶をこんなに使う予定は無かったのですが、完成後に在庫室を見ると、かなり使ってしまいました。階段が地味に痛い。


あと、たまに聞かれますが、過去のバナーは、バナー(旗)タグ で見ることができます。私の作ったもの(レシピが載ってるの)は自由に使って頂いても構いません。


以下、本文中に載せなかった別の展示室です。かなり地味ですが、