1階と2階のホールの裏には狭いですが、このようなスペースがあります。


2階は鐘を鳴らす人の控室です。


1階は係員の仕事場です。


最後に取引所の係員を招致します。
方法はデパートを作った時と同じ。ちょうど線路が真下を通っていました。



今日の取引開始です!
中央の壁に貼ってあるのが、今日の取引物品と価格。両側の壁は昨日の結果と翌日の予定です。


外観もいろいろ調整して完成。
オブジェは、麦からダイヤまで公正に取引を行うという意味になっています。


ちなみに、てんやわんや街では、XX12年1月12日にゴールデン アップルの価格が急暴落して、ブラックチューズデーが訪れました。
逆に同年8月1日には本の価格が急騰。その直前に何者かが大量に本を大量製造したため、インサイダー取引が疑われましたが、捜査が途中で打ち切られるという、不可解な出来事もおきたりしました。