内装を作っていきます。


石レンガが主体となり、どうしても暗い感じになってしまうので、中央は吹き抜けにして、さらに金にモノを言わせて、明るい水晶ブロックを多用。
銀行専用の旗も用意しました。てんやわんや街の街旗と、通貨てんやわんや円の Y を組み合わせています。淵は黒と白の2種類があります。
(白枠はレシピの最後を、スケルトンを煎じたもの変えて下さい)


1階のホールというか待合所。


受付カウンター。
奥は実務スペースとなっています。



続きまして2階。


半分が壁に仕切られた個室、半分がオープンなスペースになっています。


座って相談するところ。
荷車を買うためのローンを組んだり、そんな感じの相談をする場所。


個室。
駅建築の融資を行うとか、そんな感じの相談をする場所。
これと同じのがもう一つあります。


入口真上のスペースは応接間となっています。


もう一つの角の部屋はちょっと手狭ですが、頭取の部屋。
もっとリッチにしたい感じもありましたが、この区画は意外にスペースの制約があるので仕方ありません。