前回の続きで内装を作っていきましょう。


2層目を住居にします。
作っている時はそんなに思ってなかったのですが、いつも以上に散らかってる感じになってしまいました


外観にこの建物の目玉となる水車を設置しました。
水が濡れたところが濃くなってるんダゼ(ドヤッ って書こうと思ったのですが、よく考えると水車のスピードだと乾燥せずに全て湿っているのが普通ですね。


1層目の内装はこんな感じで水車の動力で麦っています。


偶然建物内に湧いた湧き水を水路へ流し、いろいろ微調整して完成。


モデルとさせて頂いたのは、ヴェルサイユ宮殿の離宮、いわゆるアントワネットの村里にある水車小屋です。
以前、南大陸に同じく離宮の王妃の家を模したホテルを作りましたが、それとは別の建物です。
個人的に、ヴェルサイユ宮殿自体より離宮の方が好きですね。絶対いつか行ってみたいと思います。


裏側も結構気に入っています。