前回、船底部分にいろいろ詰め込みましたが、さっそく蓋をしました。


船尾部分の船乗りの寝室の上部にホール&台所&倉庫を作りました。
ホール部分は甲板より2段低く、それより1段高い部分に台所&倉庫がありますが、この辺りの設計はかなりシビアに連動していたりします。


船首部分。こっちはすべて甲板と同じ高さです。
船底へのアプローチの他、テーブルを置いたちょっとしたスペースと、船の倉庫を設置。


甲板もいろいろ設置しておきます。
右側の建物は船底への階段室です。
今までも客船で作っていた小さな船も今回の工業船にも乗せることにしました。



そして蓋をしておきます。
後方船室は今までの2部屋+αから、きちんと3部屋取り事ができました。


左は船長室。これはいつもと同じ感じですね。
中央は船長の寝室です。今回は独立した部屋として一つ用意しました。
一番右は、最も偉い士官の航海長の部屋です。


船首の甲板。かなり大きな船同様に、いろいろと適当に物を配置しました。


ここまでの途中経過。
甲板を作ったあたりで測量ミスが無い事が確定してホットしたりしています。