前回、駅の回路を設置してプラットフォームを設けましたが、あれで駅完成じゃありません。
今回は駅舎を設けたいと思います。


サイズはこんな感じです。
という前に、実はプラットフォームの位置を手前に5ブロックほど移動させました。
ホームの中心と、道路の中心が一致していないことをすっかり忘れていました。


まずは壁を作成。


屋根を作成。お気づきの人もいるかも知れませんが、今回はモデルがあります。


プラットホーム周辺を整備します。
スタジアムの近くなので、ホームも広く取っています。


内装を作っていきましょう。


複雑な形でしたが、2つに区切って待合室はシンプルな四角形になっています。
スクリーンショット中央部分はインフォメーションセンター的な受付です。


裏側は駅員室になっています。


いろいろ微調整して完成。
バナーは現在近くで開催しているスタジアムの対戦カードです。


今回モデルとしたのは、かつての国立駅です。今は無いのですが、復元予定とニュースで流れていたので、これはなかなかと乗ってみました。


(Wikipediaより引用)

この駅の特徴は三角屋根なのですが、右側が短いですよね。初期の試作では左右対称で作っていたのですが、いろいろ調べてみたところ。左右対称でない理由は謎という記事を発見。謎なら仕方ないので再現することにしました。

そういうわけなので、今回作った駅の名前は、街立駅とします。読み方は“まちたち”駅ですよ。