2回目に1階を紹介しましたが、実はまだこのようなスペースが残されています。
ここは前回の2枚目のスクリーンショットのハシゴを降りると行くことができます。


プライベートの船着き場兼倉庫みたいな感じになっています。


手前のハシゴを登ると、一番低い北西の塔に上がれます。
魔女の交易所を作った際になぜかついてきてバナー博物館の前で迷子になっていた猫さんを迎え入れました。


そして、2階部分はちょっとしたガーデンにしてみました。


最後に本土と結ぶ橋も作成。
この橋も特徴的で再現するのが楽しかったです。


汚れを入れたり、いろいろと微調整して完成。


スケール的にも大きくなり過ぎず、ちょうど他の建物とも馴染んでくれたサイズかなぁ、と思っています。



ちなみに、この城のモデルはパワーハウスと言い、私の解釈が間違ってなければ同じ島にある大きな城の燃料倉庫みたいなものらしいです。
ここは観光できるみたいなので、いつかは行ってみたいと思っています。

Wikimedia より CC BY-SA 3.0