マインクラフトてんやわんや開拓記

箱庭ゲームのマインクラフトMinecraft)のてんわやんわな日常生活や、街や開発や建築、探検などの日記を中心に、攻略やチップ、テクニックなんかも紹介しています。

2024年2月28日
新しい書籍『できるマインクラフト和風建築』が2月28日に発売されました。。
詳しくは特設サイトをご覧ください。

南々工業地帯に新たな高炉を作る (後編)


煙突に煙を設置します。
焚き火の煙か迷ったのですが、次男島の蜘蛛の煙に合わせることにしました。
なびいている感じも出せますからね。


数か所にパイプを接続しておきました。
パイプは将来的に他の建物との兼ね合いで変更するかも知れません。


内部への入り口も設けました。
ちょっと工夫して、鉄のドアだけど中身が見えないようにしています。


トロッコ鉄道の路線が少し被っていたので、高架にしてすぐ側面を通すようにしました。
奥側はまだ隣に何を作るか未定なので土ブロックのままになっています。


さすがに土の壁だけだと手抜き間があるので、くりぬいて掲示板などのオブジェを配置してみました。
右側は、消火器的な何かです。


他の側面も花を飾ったりしています。
一応、上への階段を設けていますが、次男島の煙突と違って公園みたいな施設はないです。


いろいろと微調整して完成。
三男島では一番高い建物になりましたが、実は次男島の煙突よりかは少し低かったりします。


意図していなかったのですが、壺の描写距離の関係で少し離れると、こんな感じで中が透けて見えます。

南々工業地帯に新たな高炉を作る (前編)


むかし南々工業地帯の次男島に大きな煙突を作りました。
三男島も徐々に開発が進み、だんだんと自由に使える土地が少なくなってきてしまったので、こっちにもシンボルとなる建物を建てたいと思います。


場所は、泥製造ユニットの隣になります。
試作の結果、ちょっとばかり高さが足りないので、シークレット土台を作っておきます。


そして1層目を作成。メイン素材はテラコッタになります。


2層目からは円柱にしていきます。そして、サブ素材はなんと壺にしてみました。


3層目、徐々に円の太さを狭めていきます。


4層目。実はツボの裏に熱い素材を仕込んでいたりします。


5層目。久しぶりにネザーラックに火をつけた気がします。


そして最上層。
壺を建築に使ったマインクラフター上位層に入るんじゃないでしょうかね。

解説記事:和風民家の作り方


今回は書籍出版の特別企画第一弾として、和風の民家の作り方の解説を行いたいと思います。
ちなみに、普段と同じワールドの運河の南にある未開拓地にサバイバルモードで作っています。

いつものブログの記事とは違って、まずは完成形を紹介します。イメージとしてはさほど田舎ではない程度の郊外にありそうな小屋と言った感じです。



内装は土間と居間を床材と高さを分けることで区別しています。
和風建築の特徴としてベッドを隠して布団っぽく見せたり、神棚を設置してみたりしています。


土台を作る


建物自体の大きさは幅9、奥行7となります。
屋根や小物が周りに配置されますので、建物より1ブロックほど広い敷地は確保しておいて下さい。

土台の辺は丸石、4隅と左右の中心のみ樹皮を剥いだトウヒの原木を設置します。


壁を作る


土台の上に高さ2の壁を作ります。
原木は同じく2ブロック積み、辺は基本灰色のコンクリートパウダー、一部を汚れとして砂利にします。砂利の位置は図の通りでなくても大丈夫です。だいたい3割程度がいいでしょう。
本来、汚れなどは最終段階で差し替えたいのですが、コンクリートパウダーは自由落下してしまう為、今回はこの時点で入れておきます。

ドアはトウヒのドア、前面の窓は特別にオークのトラップドア、背面幅1の窓は換気窓となるのでトウヒのフェンスゲート、他はトウヒのフェンスにします。より現代風にしたい場合はガラスを差し込んでも構いません。


屋根を作る


屋根本体を付ける前に側面を作ります。
辺の中心の原木の上はトウヒの階段ブロックを内側向きに設置します。
角の原木の上は樹皮と剥いだトウヒの木ブロックでスクリーンショットのように1段ずつ内側に配置して棟を作ります

側面自体は壁と同じくコンクリートパウダーと砂利を延長させて埋めておきましょう。



屋根の素材は泥レンガの階段ブロックで、左右のみ1ブロックはみ出る配置していきます。今回は前後ははみ出さず壁の上を始点とします。少しのっぺりしてしまいますが、それは最後に調整していきます。

最上段のみ干草の俵にします。向きをすべて横向きに合わせるように最初は仮ブロックを置いてから設置していきましょう。


室内を用途に分ける


内装を配置する前に、室内を用途別に分けます。
スクリーンショット左のドア側の幅3ブロック分は土間として安山岩のハーフブロックを敷きます。

右側は居間にするため、表皮を剥いだ竹ブロックを配置していきます。中央の1列のみ向きを変えてアクセントとしています。

土間をハーフブロック、居間を立方ブロックにすることで、段差が生まれ靴を脱いで生活する和風感を演出することができます。

天井は中心奥の1ブロックを除き、ふちはトウヒのハーフブロック、それ以外は立方ブロックにします。段差を設けることで、のっぺり感を防ぐことができます。

天井を張るにあたって屋根との間に空間が生まれるので、適当な素材で埋めるか明かりを設置してモンスターが湧かないようにしておきましょう。


居間の内装を整える


和風建築にどうしてもベッドは似合いませんが、トラップドアを屏風にしてベッドの足さえ隠してしまえば、布団に見えてきます。実際にこのまま使うこともできます。

防具立てとトラップドアは同じブロックでそのままでは設置できませんが、ピストンで押し出すか、上から落とすと設置することができます。

上部にある書見台は神棚のつもりです。下にトウヒのトラップドアを付け足しておきましょう。

感圧板には看板を張り付けることができるので、それを座椅子に見立てています。

灯りとして部屋の隅にロウソクを設置しますが、あまり明るすぎる必要もないので、2本だけにしています。

醸造台や醸造台、ベッド奥の模様入りの本棚は活用しなくてもインテリアとなります。


土間の内装を整える



小さいかまどを工夫して大きく見せています。床のハーフブロックを削って普通のかまどを設置。その両側に固めた泥。花崗岩の階段で囲んだ間には火のついたままの焚き火を設置して、ジャングルのトラップドアで半分隠します。それに火のついていない焚き火で蓋をします。奥の花崗岩の階段の上にはアクセントとしてシーピクルスを2体設置しています。

ドア側には荷物として、床のハーフブロックを削って大釜と樽、火のついていない焚き火を設置しています。

トリップワイヤーフックと砥石はたんなる装飾として配置しています。


前面の外観を最終調整する


側面の4段目、正面および背後の樹皮を剥いだトウヒの木にはトウヒの看板を張り付けて、壁と屋根の境界を強調させておきます。

前後の屋根と壁の境界部分がのっぺり気味なので、火を消した焚き火を窓のひさしとして利用しています。
ここ以外のドアや前面以外の窓のひさしにはトウヒのトラップドアを設置します。すべて焚き火にしないのは、前面窓のみを映えさせるためで、あえてそれ以外を地味にしています。

ドアには空いたトウヒのフェンスゲートも設置しておきますが、ドアの開閉がしにくくなるので、なくても構いません。

樽はただの装飾で、別のものでもまったく構いません。

屋根の最上部の大棟は、スクリーンショットのように側面にトラップドアやはしご、上面にはトウヒのトラップドアや丸石のハーフブロックを配置して、よりディテール感をだしておきます。


背面の外観を最終調整する


裏側は荷物を配置し、前面と同様にトウヒのトラップドアでひさしを設けておきます。 左側面 (図では右) の窓にもトウヒのトラップドアを設置していますが、こちらは閉じた状態にしておきました。

フェンスの支えは作業台とコンポスターにくっ付いてしまうので、その部分は丸石の階段にしています。
コンポスターの上にはスニーク状態で感圧板を設置すると蓋を閉めているように見えます。

以上で、和風民家の完成です。



宣伝


筆者が2024年2月に執筆した『できるマインクラフト和風建築』では、本記事のような民家の作り方の解説を5件の他、商店、田畑、小物、寺社仏閣、そして日本城までさまざまな建物の作り方を紹介しています。

興味がありましたら、ぜひ特設サイトをご覧ください。

書籍『できるマインクラフト和風建築』 発売のお知らせ

先々週記事内で告知させて頂きましたが、本日新しい書籍『できるマインクラフト和風建築』を出版致しました。
できる 江戸時代の世界を作ろう! マインクラフト和風建築 わくわくスゴ技ブック パソコン版(Java版)、Nintendo Switch版(Bedrock版)対応』

価格 : 1,760円 (税込み)
出版社 : インプレス
出版予定日 : 2024年2月28日
ページ数 : 288
大きさ : A5判
ISBN : 978-4-295-01862-9
全国書店にて発売中

amazon.co.jp
楽天ブックス

本の大きさが今までのB5判から、A5判に小さくなっていますので、本屋でお探しの方はご注意下さい


本書について

 たまにSNSでこの人まだマインクラフトで続けているんだ、と言われます。12年以上マインクラフトをプレイしており、半ば呆れられたりもしていますが、もはやライフワークと言っても過言ではないでしょう。まだまだ作りたいものはたくさんあり飽きる気はまったくしていませんし、マインクラフト自体がバージョンアップを続けて下さっているおかげでもあります。

 マインクラフトの遊び方はいろいろあります。一応ボス攻略という目標はあるものの、遊び方は問いません。好みの建物を建てたり、さまざまなものを自動化したり、レッドストーン回路を作ったり、マルチでPvPで争ったり、MODを導入して新たな要素を加えることさえ可能です。

 本書ではその中の一つの「建築」さらにテーマを絞った「和風建築」に焦点を当ててその作り方を紹介しています。主に江戸時代から一部昭和初期あたりまでの和風の世界観を造り上げるための、建物やそれに付随するさまざまなパーツや要素などの作り方を掲載しています。
 サバイバルモードでのバニラ環境で実際に作ることを前提に、教科書のように基本的なことから応用まで順を追って説明しており、最初は簡単な民家から商店、寺社仏閣などを作り、最後に大きなお城を作れるようにしています。  単純に設計図のようにブロックの配置を紹介するのではなく、配置の理由や組み合わせのメリット、デメリットなど願わくば建築センスが磨かれるような、詳しい解説を織り交ぜて書いたつもりです。



登場する建築物


第1章 和風民家の建築
小さな木造の民家、縁側付きの民家、長屋型の民家、合掌造りの民家、日本家屋 (このスクショ)


第2章 和風の商業施設の建築
団子茶屋、総菜屋 (このスクショ)、呉服屋、薬屋、寺子屋


第3章 和の世界観を造る建築
街のインフラ、オブジェ、自然、交通系オブジェ、小さな橋 (このスクショ)、大きな橋、大きな橋のバリエーション


第4章 農業と漁業施設の建築
畑、田んぼ (このスクショ)、漁港、水車小屋、蔵


第5章 寺社仏閣と庭園の建築
神社、社務所、お寺 (このスクショ)、鐘楼、日本庭園、茶室、枯山水


第6章 日本城の建築
まるっと一式 (このスクショ)



特徴

すでに中世ヨーロッパ本をご覧の方は、同じようなテイストとなっています。

建築がテーマなので、それ以外のボスの攻略法とか探索の方法とかはまったく扱っていません。
レシピや素材の集め方も省いており、既に一通り、プレイしていることを前提にしています。

江戸時代を基調に作っていますが、江戸時代も長いことですし、わりと時代背景はざっくりとしています。
建物以外にも、街灯や塀、荷車などの小物、橋など建物以外も紹介して、生活感のある世界を演出できるようにしています。
スケール感は、中世ヨーロッパ本とも合わせている(というか基本的にブログと同じなので)、混在させてもそんなに違和感はありません。

すべての建築物はサバイバルモードで作ることを前提としています。サバイバルで入手困難なものは使わず、ここぞというところのみネザライトブロックを使っています。



その他

詳しい内容は特設サイトで!
本の目次、この記事に無いスクリーンショット、その他の特徴などについては特設サイトを用意しましたので、よかったらご覧ください。


改造、配信、大歓迎!
本書を参考に作成した建築物はブログ、動画、SNS等で配信していただいてかまいません。よかったら #できるマインクラフト建築 でつぶやいで下さい。アレンジとかも自由に行っていただいて構いません。


内容量が少なくなってしまったので

紙などの原材料や諸経費の高騰、前著で入れ過ぎてスクショが小さくなってしまった反省など、さまざまな理由により、中世ヨーロッパ建築本より内容量が結構少なくなってしまいました。
そこで、今回はその代わりに、このブログにて本のような建築解説記事を何件かアップする予定です。しばしお待ちください。

10年以上の時を経て民家を追加する


時は西暦2010年代初頭、当時は地方に展開といえば、ネザーゲート (スクショ中央の塔)、トロッコ鉄道駅、拠点、地下への入り口、エンダーチェスト小屋などを揃えるだけということもありました。


しかし、それだけではもったいないので、10年以上の時を経て民家を追加したいと思います。


今までのテイストを継承する形で丸石の縁とジャングルの原木で壁を作ります。


屋根は丸石。
ただ完全に同じではなく原木ではない木や、塀なども使うモダン建築にします。


ほらっ、最新の建築技術も使いつつ、内装を作っていきます。


とは言っても、内装は普段お見せしているものと、さほど変わりはないんですけどね。


結構当時の事を思い出しながら作るのは楽しかったです。


外観も微調整して完成。
最近は外側の照明がかなり省いていたので、どうしようか悩みました。
プロフィール
【名前】
てんやわんや街長 (ちょうちょう)

【マイクラ暦】
2011年5月~ (PC版)

【メール】
zombiepigmanblog@gmail.com

【ツイッター】
@ZombiePigmanNow


サバイバルモード、バニラ(MOD未使用、デフォルトテクスチャ)、チート無し でプレイしています。
そのほかゲームのスタイルやコンセプト、ブログ運営等についてはこちらをご覧下さい。

基本的にブログは毎週 月・水・金 に更新しています。
コメント返信は現在大幅に遅れています。ごめんなさい。

ブラウザの横幅を広げると、大きい画像でご覧いただく事ができます。
ピックアップ記事
【これまでの開拓まとめ】
1~100 / ~200 / ~300 / ~400 / ~500 / ~600 / ~700 / ~800 / ~900 / ~1000 / ~1100 / ~1200 / ~1300 / ~1400 / ~1500 / ~1600 / ~1700 / ~1800 / ~1900 / ~2000 / ~2100 / ~2200 / ~2300 / ~2400 / ~2500 / ~2600 / ~2700

【ミニテクニック関係】
開発 1 / 2
作業 1 / 2
採掘 1 / 2

【レッドストーン回路関係】
回路解説 1 / 2 / 3 / 4 / 5
トロッコ&駅 1 / 2 / 3

【その他】
バックアップ方法
破損データ修復方法
バナー(旗) 関連記事一覧

エイプリルフール ネタ(2012年) / 1周年記念 / 2周年 / 3周年 / 4周年 / 5周年 / 6周年 / 7周年 / 100万アクセス記念 / 200万 / 250万 / 500万 / 1000万 / 1500万 / 2000万 / 2500万 / 3000万 / 3500万 / 4000万 / 8周年&4500万 / 9周年 / 10周年 / 11周年 / 12周年
記事検索
最新コメント
月別アーカイブ
メッセージ
その他
当サイトの、建築、アイディア、駄洒落、そのほか参考になるものがあれば、ご自由に使ってください。

ブログ、動画等での紹介はご自由にして頂いて構いません。連絡いただければ、喜んで見に行かせて頂きます。

当サイト掲載の画像は、特に断りが無い場合は、ご自由に転載して頂いても構いません。


【著書】

できる
マインクラフト和風建築

2024年2月28日
インプレス



できる
マインクラフト建築

2023年3月16日(改訂版)
2016年6月24日(初版)
インプレス



できる
レッドストーン回路

2017年7月24日
インプレス

 
QRコード
rssRSS
  • ライブドアブログ