前回の運河開発でファルカーク・ホイール風の昇降装置を作りました。今回はそれの制御装置を作りたいと思います。


ちょっと分かり辛いですが、水面下にブロックを積んで


こんな感じで部屋を設けました。


ここに歯車を設置してこの支柱の中にあるベルトを回して、ホイールを回転させているという仕組み


支柱は2本あるので、もう片方も同じように作成。


地上側のみ窓を設けて、制御室を隣接して作りました。



ついでに地上までの道を整備して、


かつて造地したハリボテの一部くり抜き、


地上側にも部屋を用意。


こちらも制御室ですが、水門のゲートの開閉を担当するもので、閘門の制御室と似た感じになっています。